« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

紅梅の植え替え

 今日も家周りの作業に追われて、残念ながら桜のチェックが出来ずじまい。

 紅梅と白梅が仲良く並んで植えてあったのだが、木が大きくなり接近してきたので植え替え作業を半日かけて行った。

 一人で植え替えをするのでなかなか大変である。Ume01

続きを読む "紅梅の植え替え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立の桜(4)

 いよいよ4月1日から、日立市はさくら祭りです。

 日立のさくらを紹介しているサイトがあります。「水戸・日立の八景」といい、日立市在中の方が作成しております。
 
 駅前から国道6号線に向かう平和通のさくらのトンネルは見事です。日立市の中心部からみて北に位置するかみね公園の桜も全山見事に咲きます。

 かみね公園山頂から、更に北へ来るまで5分のところに そば処 暁山があります。桜見物の後に、お立ち寄りください。
 

 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモの植え付け

 きょうは一日中、風が強く寒い日であった。
 昨年はジャガイモは4月5日に植えつけて、少し遅かったようなので、今年は一週間ばかり早く植え付けをしてみた。
 物の本によると茨城あたりは3月上旬から植え付けが始まるそうです。

 ジャガイモの種芋を買ってしばらく置いておいたので、すでに緑の小さな芽が出始めていていました。

 植え付けをしたジャガイモの種類はきたあかりです。やや黄色味をおびており、なかなか美味しい芋です。

 大きい芋は芽を見ながら、半分に切って、切り口を灰汁をつけてから植え付けをしました。

 それから、茶の木の剪定作業。
 我が家でも、昔は自分の家で飲むお茶は自分のところで栽培して、蒸して、ホイロの上で手もみして乾燥させお茶を作っていた。

 そのお茶の木が屋敷周りに少し残っている。その剪定作業である。

 あれもこれももと仕事をやっている内に夕方になってしまって、今日は日立の平和通の桜を見に行く時間がなかった。 残念! 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜一輪咲く 日立の桜(3)

 梅一輪という言葉はあるが桜一輪という表現はない。

 本日、日立平和通で一輪桜が咲いていた。Sakura03 風情ある桜の一輪であったのでこの表現を使わせていただいた。

続きを読む "桜一輪咲く 日立の桜(3)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜前線

昨日は日立の桜の状況をお知らせいたしましたが、皆様の地域では桜前線はいかがでしょうか。

 東京までは開花宣言がなされておりますが、今後、気象庁では埼玉や茨城南部は31日、茨城北部は4月5日あたりと予想されております。

続きを読む "桜前線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立の桜(2)

 4月1日からの桜まつりを控えた日立から、平和通の桜の開花状況をお知らせいたします。
 日立の桜まつりは江戸時代からの伝統を受け継ぐ日立風流物という山車がでます。この山車は国指定重要有形民俗文化財に指定されており、人形操作などが国指定重要無形民俗文化財になっております。この時期に日立来ましたら、山車も見てほしいものです。

  今日の日立は晴れて気温も15度近くなり、桜の便りが聞かれるような温かさでした。
 平和通の桜並木はまだ蕾ですが、この温かさが続けば4月1日には開花宣言があると存じます。
 Hsakura02 Hsakura01

続きを読む "日立の桜(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥歯を抜かれた

 歯が痛み出し、歯の周りから出血したり、膿をもったりとずいぶん歯では苦労してきた。

 40代の時、「歯肉炎ですね。」といわれて、「あっ そうですか」と軽く考えて、炎症は歯茎 を切開して、そのままにしてしまったのがいけなかったようだ。、

 軽度のものを放っておくと、次は恐ろしい歯槽膿漏になる。早いうちに的確な治療をしておけば、それほど苦労することはなかった様に思う。

 この予防方法が納得できるようになったのは50代の後半からで、このときはすでに遅し歯の半分以上は抜かれてなくなってしまっていた。

続きを読む "奥歯を抜かれた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦と酒

 春風に誘われて、ちょっと一杯と、昼間から酒を飲ましてくれる処といえばレストラン?それでは風情がない。春風と酒がぴったと合うのは蕎麦屋さんぐらいであろう。
 蕎麦屋とおいしい酒はつきものといわれている。蕎麦屋の亭主も酒が大好きなものが多いと聞く。
 そうゆう私も日本酒が大好きである。

続きを読む "蕎麦と酒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IT社会の光と影(3)

 3月14日、16日の記事にIT社会の光と影を書き記した。自分の性格のせいかどうも影の部分に関心が集まる。

 むしろ、ITの光の方が重要なのであるが。

続きを読む "IT社会の光と影(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日立の桜

 昨日は三春の桜を紹介いたしましたが、本日は地元、日立の桜を取り上げたいと存じます。

 日立の桜は日本の桜百選にも選ばれており、市内全域には14000本の桜があるそうです。
 ソメイヨシノが9500本、山桜が2800本、その他が1800本だそうです。(花樹会調べ)すごい数ですね。

続きを読む "日立の桜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜便り 三春

 三春の桜を紹介するサイト「三春の春、みぃーつけた!」というブログがある。 私のように三春の滝桜を見たことがないものには、ありがたいブログである。
 
 わが国の三大桜というと三春の滝桜、淡墨公園の淡墨桜、山高神代サクラである。

続きを読む "桜便り 三春"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4種類の桜を植える

 以前、農協に頼んでおいた桜が届いた。しだれ桜、冬桜、緋寒桜、けいおう桜の4種類である。
 現在、庭にはそろそろ咲き出す彼岸桜、4月後半に咲くぼたん桜、山桜があるが桜を楽しめる時期を少し広げようと種類を増やした。
 夕方に植え始めたので、6時近くまでかかり、周囲が薄暗くなってしまった。

続きを読む "4種類の桜を植える"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

彼岸蕎麦

 今日は彼岸の中日、春分の日です。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通りに、温かくなるようです。
 彼岸とは、春分、秋分(24節気の節気ひとつで、昼と夜の長さが等しい日)を中日として、その前後7日間のことで、全国津々浦々、この間にお墓参り行われます。

 札幌で暮らしていた頃、よく新聞に「雪を踏んでの彼岸参り、とか 雪掻きせてお墓参り」の紙面の見出しをみた。
 北国は、3月21日はまだ冬が残っている季節である。
 
 この辺はやっと暖かくなってきて、家の周りの梅の花も満開です。鶯の声も聞かれ始めました。Ume03

続きを読む "彼岸蕎麦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋のしきたり

 奥歯の治療を10時に予約していたので、少し早めに出向いていった。
 前回も予約するが30分以上待ったことがあるので、今回も30分ぐらいは待つのだろうと「蕎麦屋のしきたり 藤村和夫著」を読みながらまっていた。

 30分経過、まだ自分は呼ばれない。予約したことがあまり意味ないなー と思いながら本を読んでいた。
 

蕎麦屋のしきたり Book 蕎麦屋のしきたり

著者:藤村 和夫
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "蕎麦屋のしきたり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛いお孫さん

 今日のお客様は3組、総数12名の予約でした。
 余裕を見て、1.5キロの二八そばを打ちます。朝起きて直ぐに、手挽き石臼で自家製粉、300グラムの玄蕎麦を約25分かけて挽く。30メッシュの篩でふるって、200グラムがそば粉となった。
 いろいろ試してみたが、取り寄せている幌加内のそば粉に対して、2割弱をブレンドするのがベストとの様である。

続きを読む "可愛いお孫さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街作りについて(1)

 日立に限らず全国どこでも、嘗て街の中心部であった目抜き通りが空き店舗が目立つようになった。
 
 何とかならないのだろうか。行政で何とかしてほしい。と訴える商店主。

 時代背景がまったく変わってしまった今、行政に頼っていても何ともならない。全国津々浦々の行政そのものがアップアップしているのだから。

続きを読む "街作りについて(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦は喉越し?歯触り?

 夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場する迷亭先生が蕎麦の食べ方に関して、次のような一節があります。
 「そばは汁を三分の一だけつけ、一口に飲んでしまう。噛むと蕎麦の味がなくなる。つるつるとした喉をを滑り込むところに価値がある」と。

 ちょっとした疑問を持ったので、蕎麦を食べる時の喉越しと歯触りについて記してみようと思う。

続きを読む "蕎麦は喉越し?歯触り?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

彼岸の入り

 3月18日は春の彼岸の入りにあたる。
 午後、妻と二人でお墓掃除に行ってきた。街場の墓地とは違い、周囲が山なので、枯葉が落ちてひどく、掃除に時間がかかる。

続きを読む "彼岸の入り"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IT社会の光と影(2)

 高度情報化社会は、便利ですばらしい面がたくさんある。
 
 いつでもどこでも必要な情報を手に入れられ、また、だれでも世界に向かって情報発信ができるユビキタスな社会と言い換えることも出来る。

 14日にその光と影の部分を読売新聞が連載で取り上げていることの紹介記事を書いた。

続きを読む "IT社会の光と影(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百姓の田舎暮らし

 「百姓の田舎暮らし」というブログサイトがある。作者はWA氏(佐久市在住)である。
 帰農して今年で21年目という。帰農した理由とは? 

 「20数年前、そば好きが嵩じたそば栽培と手打ち技術習得から、農へのかかわりが始まった」という。
  (毎日農業記録賞を受けたときの文章の中から、引用)

続きを読む "百姓の田舎暮らし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋の割り箸

 丁六、小判、利久、元禄は知っていたが天削、卵中等があるとは、つい今まで知らずにいた。

 長野のお蕎麦屋さん かんだた のメルマガにそば屋の割り箸についてなかなか面白い紹介記事が載っている。

 そば屋の箸入れやコンビニで弁当に付けられる割り箸についても言及している。
  まずはご覧あれ! かんだた メルマガ 13号

続きを読む "蕎麦屋の割り箸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険制度

 今日の午前中は忙しかった。
 郵便局でアパートの共用燈の電気代の払い込みを行う。
 1月で65歳になったので、日立市から介護保険の振込みを用紙が届いていた。
 郵便局からの振込みは出来ないという。

 次に日立税務署により、母から引き継ぐ青色申告書の申請をする。次に、法務局で書類を受け取り、最後に銀行で介護保険の振込をした。

続きを読む "介護保険制度"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IT社会の光と影

 今日の読売新聞の1面に『家族 情報化社会のきずな』という連載記事が掲載されている。

 高度情報化社会の発展と共に、ネットを通じて最新の情報が瞬時に取れ、便利な時代になった。
 その反面、ウィニー等を利用して国家情報、個人情報の大規模流出が相次ぐという事態も呈している。
 まさに、高度情報化社会の光と影である。
 

続きを読む "IT社会の光と影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレのない蕎麦を

 土曜、日曜の週二回のんびり営業のそば屋ですが、本日はリピーターのお客様にお願いされて、夕方急遽店を開けた。

続きを読む "ブレのない蕎麦を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外れの雪

 夜中に目が覚めて、小さくボソボソという音がした。風の音かしらと思いながら再び寝いってしまった。
 
 朝起きたらびっくりである。季節外れの雪が白く積もっていた。
Yuki01                  (そば処 暁山 朝の庭)

続きを読む "季節外れの雪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば打ちの準備と心構え

 今日の予約は二組7名のお客様。いずれも十割そばとてんぷらとの注文なので、朝起きて、ふきのとう、ミツバ、セリ、野かんぞう、ヨモギ採りをした。妻が下準備をしてくれている。
 自分はそばを打とう。
 

続きを読む "そば打ちの準備と心構え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば切り 一兵衛

 笠間神社でお祓いを受けようと、9日10時過ぎに自宅を出発した。
常陸太田をして経由して、61号線を道なりに笠間に向かう。
 途中、城里町(桂村、常北町、七会村が合併)を通り抜けた際に、町議の選挙戦に出くわす。町の方に聞いたところ、2月に行った町議会解散の是非を問う投票の結果だそうだ。

続きを読む "そば切り 一兵衛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈祷とお祓い

 しばらく行っていなかった笠間稲荷で御祓いをしていただいた。

 ご祈祷の受付で申し込みをした時、「以前ご祈祷を受けましたか」と尋ねられて、初めてですと答えると、その場でパソコンを操作されて、 「平成10年にお出でになっておりますよ」と、即座に返答をされた。Kasama02

自分では忘れているのに、神社のパソコンにはデータが残っている。何とも神妙な気分になった。  (写真は祈祷受付所→)

続きを読む "祈祷とお祓い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜のてんぷら

 春は山野草のてんぷらが美味しいですね。
ふきのとうに始まり、みつば、野せり、よもぎ、たらの芽、うど、たけのこと旬の美味しいものばかりです。

続きを読む "山菜のてんぷら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盆栽の植替え

 正午に部屋の中で16度を越える暖かな日になりました。
この陽気に誘われて、父が大切にしていた盆栽を植え替えました。

続きを読む "盆栽の植替え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供向け金属アクセサリーの鉛

 本日の読売新聞の一面に「子供向けアクセサリー 6割以上に高濃度鉛」の見出しが。
   (東京と調べ)
 子供向けに販売されているアクセサリーに高濃度の鉛が使用され、子供への悪影響が心配されている。

 表面を見ても、金メッキなどが施されており、鉛とは気づかずに ”可愛い きれいね” と見た目で買ってしまう危険性を指摘している。

続きを読む "子供向け金属アクセサリーの鉛"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるブログ(5) 東京編蕎麦No2

 「由由 粋酔 蕎麦善」  わぁ! なんと読むのだろう?
 「よしよし すいすい そばぜん ?」 「ゆうゆう すいすい そばぜん ?」 

 東京にはなかなか凝った名前のお蕎麦屋さんがあるのですね。 

続きを読む "気になるブログ(5) 東京編蕎麦No2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そば粉の自給率と値段

 日本の蕎麦生産量は214,00トン(平成16年 全国蕎麦製粉協同組合HP参照)いう。

 では、輸入量はどれくらいなのでしょうか。近年10万トン前後、消費量の85%を占めているといいます。
 
 今年も国産蕎麦に対する需要増大から、そば製粉各社も価格もかなり上昇しているようです。

続きを読む "そば粉の自給率と値段"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食糧危機と食育

本日のフジテレビ 報道2001で「危ぶまれる食糧危機」というテーマで、農水省 中川大臣も参加してトーク番組を放映していた。

 これによると現在の日本の食量自給率は40%で、60%は輸入だそうだ。
 誰が考えてのこの状態は危険である。輸入がストップしてしまったら日本はどうなってしまうのだろうか。(参考 地球の環HP)

続きを読む "食糧危機と食育"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になるブログ(4) 福島編 

 嘗て学生の頃、好きな画家の一人にムンクがいた。
この画家の代表作に「叫び」という有名な絵があることは、皆さんもご存知でしょう。

 ムンクの叫び ならぬ ムンクの酒び というブログサイトがある。書いているには若い方のようだ。

続きを読む "気になるブログ(4) 福島編 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

民家再生

 古い民家のイメージをどうお考えですか。
 住んでいると判りますが 汚い 暗い 寒い 大きい 不便 立て付けが悪い と感じながら生活をしています。

 250年前、江戸時代に建てられた古民家を再生するために、参考にしたいと、先日、ある方が当宅を訪ねて見えました。

続きを読む "民家再生"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

石碾屋 秋田

 秋田に石碾屋というお蕎麦屋さんがある。
 (私がそば屋を始める前に、石臼の目立てを相談した方です。)

 自家製粉して20メッシュの超粗挽き十割そばを打つ。打ち方はきわめて珍しく、陶芸の世界で行われている「叩き」にヒントを得て、確立した独特なものです。

続きを読む "石碾屋 秋田"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばかっけは濃い

 先週の日曜日、お客様に そばかっけ(東北地方の郷土料理)をサービスで出してみた。
青森や岩手北部地方のような そばかっけ ではないが 「美味しい。そばの味が濃いね」といってくれた。

続きを読む "そばかっけは濃い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »