« BS映画劇場から | トップページ | 石碾屋 秋田 »

そばかっけは濃い

 先週の日曜日、お客様に そばかっけ(東北地方の郷土料理)をサービスで出してみた。
青森や岩手北部地方のような そばかっけ ではないが 「美味しい。そばの味が濃いね」といってくれた。

 そばかっけとはの かっけ(欠片)とは、切れ端とかかけらの意で青森、岩手地方の方言だそうだ。(昔これを食べたら脚気が治ったことから、この名がついたものと言われていますが?)

 正式に作るにはそば切りを作る時のように伸ばして、細く線状に切るのではなく、食べ安い三角形に切る。

 大根と豆腐を煮ている鍋に、そばっかけを入れて浮き揚ったところをネギ、ニンニクを味噌に加え、酒とみりんで伸ばしたものにそばっかけをつけて熱々のところを食べる。
(参考 そば打ち教本 P173)

Book そば打ち教本―全麺協・素人そば打ち段位認定制度公認テキスト

著者:全国麺類文化地域間交流推進協議会
販売元:柴田書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 寒い地方の特色がよく出た郷土料理だ。

 福島県桧枝岐では はっとう と言いそばっかけを茹でて、すりエゴマと砂糖をまぶして食べるそうだ。

 当店で作ったのはそばを打ったときの切れ端だでるので、その切れ端を利用したものだ。

 勿論、正式な食べ方でもない。そばがきを食べる時のように 返し をかけて出した。
これが好評であった。

 今度は東北地方のように全粒粉で そばかっけ を作ってみたいと思う。


 

|

« BS映画劇場から | トップページ | 石碾屋 秋田 »

そばの料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/880995

この記事へのトラックバック一覧です: そばかっけは濃い:

« BS映画劇場から | トップページ | 石碾屋 秋田 »