« 街作りについて(1) | トップページ | 蕎麦屋のしきたり »

可愛いお孫さん

 今日のお客様は3組、総数12名の予約でした。
 余裕を見て、1.5キロの二八そばを打ちます。朝起きて直ぐに、手挽き石臼で自家製粉、300グラムの玄蕎麦を約25分かけて挽く。30メッシュの篩でふるって、200グラムがそば粉となった。
 いろいろ試してみたが、取り寄せている幌加内のそば粉に対して、2割弱をブレンドするのがベストとの様である。

 今日のお客様の中に、可愛い赤ちゃんを連れてきたご家族がいた。
 昨年暮れにお生まれになったとのこと。目がパッチリとしており、色白の可愛い女のお子さんでした。

 お母さん腕での中で、ニコニコと笑い、元気に動く姿が大変愛らしい。「天使のように可愛い」という赤ちゃんを表現する言葉があるが、まさにこの言葉にひったり。

 「美味しかったよ。 また来ます。」 
 
 「有難うございました。お待ちしております。」

 すくすくと健康に育っていってほしいと願いながら、ご家族を見送った。

|

« 街作りについて(1) | トップページ | 蕎麦屋のしきたり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/1094277

この記事へのトラックバック一覧です: 可愛いお孫さん:

« 街作りについて(1) | トップページ | 蕎麦屋のしきたり »