« 祈祷とお祓い | トップページ | そば打ちの準備と心構え »

そば切り 一兵衛

 笠間神社でお祓いを受けようと、9日10時過ぎに自宅を出発した。
常陸太田をして経由して、61号線を道なりに笠間に向かう。
 途中、城里町(桂村、常北町、七会村が合併)を通り抜けた際に、町議の選挙戦に出くわす。町の方に聞いたところ、2月に行った町議会解散の是非を問う投票の結果だそうだ。

 雰囲気的には少し盛り上がりにかけているように感じたが、どうだろうか。

 12時少し前に着いたので、お祓いの前に、食事を妻ととることにした。
芸術の森北門ゲート沿いにある「そば切り 一兵衛」に決めた。
 笠間には美味しい蕎麦屋がいくつかあり、以前、笠間に来たときに紅葉亭、柊、山都を訪ねたことがある。いずれの店も甲乙付けがたい美味しい店であった。

 笠間の蕎麦屋らしく、正面左に花崗岩の石碑に「そば」の字がくっきりと浮かぶ。Ichibei01期待を込めて一兵衛に入った。

 入って左側に自家製粉をする石臼と打ち場があり、正面裏手が厨房、右側が客席になっている。6人掛けの長いテーブルがあり、東側には小上がり4席がある。割とこじんまりとしている。

 私が掻き揚げて天と田舎せいろ、妻がかけそばを頼んだ。その間にもご主人は蕎麦を打っていた。
 三たてを重んじるこだわりを目のあたりにした。田舎はこしのしっIchibei02 かりとしたやや太目の歯ざわりのしっかりとそばでした。 

 玄そばはひたち秋そばを使用との事でした。

 田舎せいろ かけそば 共に830円
 

 
 

|

« 祈祷とお祓い | トップページ | そば打ちの準備と心構え »

そば屋さん紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/994821

この記事へのトラックバック一覧です: そば切り 一兵衛:

« 祈祷とお祓い | トップページ | そば打ちの準備と心構え »