« 蕎麦の値段について考える 2 | トップページ | 蕎麦の値段について考える 4 »

蕎麦の値段について考える 3

 蕎麦の原価が80円という説もありますが、これは無茶な話です。

 
 もり蕎麦の原価について計算する正確な資料はありませんが、一般に飲食店の粗利率は約60%と言われております。
 売値700円のもりは、大雑把に計算してみると420円あたりになるのではないでしょうか。(この計算は余り信用してほしくないですが)
 
 私の場合は開業の時、メニューとその値段を決定しましたが、原価計算して決めたわけではありません。足で稼いで他店を訪問して、更にネットで調べて、これを参考に売値を決めたのです。
 
 多分、原価を計算して、売値を決める蕎麦屋はあまりないのではないでしょうか。(この判断はあくまでも、私の判断ですので、誤解ないように。)

  

 変動費(材料費・・そば粉、割粉、醤油等)や固定費(光熱費、人件費、税金、初期投入費等)を考慮して、原価を計算するそうですが私には分かりません。

 よって、全国の蕎麦屋のもり蕎麦の値段を調べて、少し議論を深めることにいたします。

続く・・・

|

« 蕎麦の値段について考える 2 | トップページ | 蕎麦の値段について考える 4 »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/1843455

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦の値段について考える 3:

« 蕎麦の値段について考える 2 | トップページ | 蕎麦の値段について考える 4 »