« 蕎麦と辛み大根 | トップページ | 不思議な飛行機 »

田植えツツジの頃

 今日は5時に目が覚めてしまいました。
昨日は筍を多めに掘ったので疲れが出たのでしょう。私のところの竹林は急斜面のところが多いので、足場が悪くとても疲れます。

 5時少し過ぎから雨になりました。掘った筍を茹で、昨晩、水につけておいたものを朝揚げてきて、水を切り直売所に出す準備を妻がしております。

 4年前から、茹でた筍の出荷を始めました。掘ってから、出荷するまで丸一日がかりという負担の多い作業です。

 私は高校時代まで、ここで過ごしておりましたから、少しは慣れておりますが、都会生活をしていた妻は大変な作業です。

 どうしてこのような作業を始めたかですって。

 その理由は、余りにも孟宗竹の繁殖がすごいために親竹にならない前に、採ってしまおうという考えです。

 平成10年に札幌から、実家に戻ってまいりました。年老いた両親が出来ずに放置していた裏の竹林の伐採を始めたのです。何百本も切り倒しました。やっと向こう側が透けて見えるようになりました。

 とにかく親竹にしないよう毎年4月、5月は竹との戦いが始まります。

 この頃は裏山のツツジが咲き出します。このツツジが咲き出すと田植えの時期になります。田植えツツジなどと呼んでおりました。Tutuji

 昭和30年代までは私のところでも米等を作っており、父親が会社勤めでしたから、半農家でした。
 祖父母が元気で、父母、高校生の私と田んぼに苗を植えて、自分達の食べる米や供出する米を作っておりました。懐かしい思い出です。

 その頃までは、自給自足の生活をしていた家庭は多かったのだろうと思います。
 
 現在の日本で主食である米を自給自足している家庭はどれくらいの割合になるのでしょうか。
 現在の日本の農業は、企業が農業に参入が許されたとはいえ、農業を支えるのは、ご高齢の老人たちでしょう。(百姓の田舎暮らし)

 このような方が農業を支えている。

 新鮮な農作物を出荷している農家の方は苦労した分、報われるといいのですが、直売所での値段を見ると安く、気の毒になります。
 
 今日は雨なので、JA直売所のお客様の出足が心配です。 
 

|

« 蕎麦と辛み大根 | トップページ | 不思議な飛行機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 yamasan こんにちは。
 旬の筍はご飯に炊いてもてんぷらにしても美味しいですね。
 今年は是非と思っていたのですが事情が事情でして・・・。
 来年はお伺いします。

投稿: そばがき | 2006年5月 2日 (火) 17時36分

そばがきさん、こんにちは。
筍の出荷作業お疲れ様です・・・。
私もきのう採れたての筍で作った「筍ご飯」を頂きました!
三春もきょうは雨模様・・・ひっそりとした街に降る静かな雨です。
来年はぜひ「三春桜」見にお越し下さい。お待ちしています。

投稿: yamasan-miharu | 2006年5月 2日 (火) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/1645592

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えツツジの頃:

» 田舎暮らしでも、距離が離れすぎているところでは抵抗感が大きくなる [全解剖!千葉の田舎暮らし]
こんにちは、私も田舎暮らしに関連した記事を書いています。よろしければご訪問下さい。 [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 02時16分

« 蕎麦と辛み大根 | トップページ | 不思議な飛行機 »