« 蕎麦の値段について考える 4 | トップページ | 草と駐車場作り »

蕎麦の値段について考える 5

 蕎麦の原価と売値について考えてきました。

 光熱費や人件費(パート代 自分達の生活費)を原価に繰り入れると、手打ちのそば屋の原価というのはそれなりに高くになります。
 
 最後に、そば屋は儲かるのか、経営のことを少し書き加えておきます。
 
 初期投資を控え、什器類にこだわらずに、原価を出来るだけ抑える運営するものとして、手打ちそば屋の平均売値745円で儲かるのでしょうか。

 結論から言うと、どうも蕎麦屋は儲かる商売ではなさそうです。

 最近の手打ち蕎麦屋は自家製粉にこだわり、単価を上げて、高級店へとシフトしていく傾向があるようです。
 その結果、原価も上がり、売値も当然上がっていく。量も少ない盛りが1000円を越すような値段を付ける蕎麦屋も見受けるようになってきました。

 この傾向は蕎麦屋業界全体から見ると、お客さんの足が鈍り、あまり好ましいことではないと思います。おそばが好きな方でも、高いので他の食べ物屋に足が向いてしまう。
 
 そんな結果にならないように、全国のお蕎麦屋さん 頑張ってくださーい とエールを送りたくなります。私も頑張りまーす。

 5回に渡って、大雑把に論じましたが、勘違いや間違いがあるかも知れません。ここに書かれたことを、鵜呑みにしないでくださいね。

|

« 蕎麦の値段について考える 4 | トップページ | 草と駐車場作り »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

 お客様から見たそばの値段と蕎麦屋から見たそばの値段に違いがでるのは当然のことですね。
 蕎麦屋は利潤を上げようとする心が働きますし、お客様は適切な値段で、美味しいそばを求められます。

 両者の値段のバランスが700円前後かもしれません?。

 私からいえば、そばを会席レベルまで上げて、高い値段で食べさせる蕎麦屋には疑問を感じます。

 そばはもう少し、素朴なものと勝手に考えておりますので。

 

投稿: そばがき | 2006年5月25日 (木) 08時49分

勝手に 振り向けました質問に
丁寧に ご考察いただきありがとうございます。

お蕎麦屋さんの事情もあり
食べる我々の懐具合や価値観が 様々です。

あんなに流行っていて また、お気に入りだった
お店も 廃業されたり また、新しいお店が出来たりで
お商売は 難しいものだと 感じます。

安くて 美味しいと云われるお蕎麦屋さんで
楽しみたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: x-x-x | 2006年5月24日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/1891088

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦の値段について考える 5:

« 蕎麦の値段について考える 4 | トップページ | 草と駐車場作り »