« メロウ・ソサエティ構想ときららの会 | トップページ | 蕎麦道具 切り板について考える »

もり蕎麦一杯の量? 5

 前回4で、もり蕎麦一枚の量を「ソバリエが選ぶうまい蕎麦88 そば通」を参考に計算してみました。

 茹でる前が27軒の平均が139g、茹でた後が平均205gとなり、茹でる前の生蕎麦の量が茹でた後では1.47倍程になりました。

  

 果たして、これが正しいのかどうか検証してみたいと存じます。そば通で扱っているもりそば(せいろ)は二八蕎麦が多いと推定される。

 計測を正確なものとするために、その方法は
1、割粉(つなぎの量)を2割として、蕎麦を打つ。
2、水回しの量(加水率)を正確に測る。
3.打ち立ての100gのもり蕎麦を用意する。
3、打ちたてを茹でる。茹で時間を決める。
4、水切りをしっかりと行う。
5、デジタル秤で計測する。
6、何日かおきに継続して、実験する。

 できれば十割蕎麦についても同様に行う予定である。

 続く・・・・

|

« メロウ・ソサエティ構想ときららの会 | トップページ | 蕎麦道具 切り板について考える »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/2346681

この記事へのトラックバック一覧です: もり蕎麦一杯の量? 5:

« メロウ・ソサエティ構想ときららの会 | トップページ | 蕎麦道具 切り板について考える »