« 蕎麦を茹で上げた後の増分は? | トップページ | 蕎麦の散歩道 »

ヒヨドリの雛

 工事中、近く紅葉の木にひよどりの巣があることに気がついた。
 巣を覗くと小さい茶色いたまごが三つ。

 工事中なので、作業音が大きい。昼間は巣に寄りつかなかった。
我々が作業を終了する5時以降に巣に戻って安心したように卵を抱えていた。

 4日前に可愛い雛が誕生していた。Hiyodori 親が来ると見えない顔を上に向けて、顔より大きい口をあけて餌をねだっていた。
 生命が誕生することの素晴らしさ!。

 無事に大きくなればと祈っていたが。

 本日、妻が「巣の様子が変よ」というので、覗いて見た。

 巣には雛三羽とも影も形もなかった。自分の心にぽっかりと穴があいたような、なんとも表現が出来ないような感情がおそってきた。

 カラスの仕業だろうか。それとも、隼の仕業であろうか。

昨年はやはりこの近くで野鳩が巣を作っていたが、これはカラスに食べられてしまった。

 2年続きの鳥達の災難である。

|

« 蕎麦を茹で上げた後の増分は? | トップページ | 蕎麦の散歩道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/2403088

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリの雛:

« 蕎麦を茹で上げた後の増分は? | トップページ | 蕎麦の散歩道 »