« 最近、見聞きする食育って? | トップページ | 学校と食育 »

家庭と食育

 前日、「最近見聞きする食育って?」と題して書き込みしたところ、ご年配のある方から次のようなメールをいただきました。

 「本当に戦後の食糧事情は悪かったですね。お米は配給米でしたが、私は小さな畑を庭の隅に作ってトマトやキュウリを作って子供達に食べさせておりました。少しでも栄養価のあるもの、美味しいものと考えてのことでした。・・・・・略」

戦後、間もない時代に育った私は「そんなこともあったなー」と、60年前のことを思い出しておりました。

 私の家庭は半農だったので食べる米や野菜には困りませんでした。母は私達兄弟に「好き嫌いなく食べるのよ!」といって、食事の大切さを教えておりました。

 小学生、高学年の頃から、親と一緒に畑を耕したり、田んぼで田植えをしたりして手伝いをした経験があります。

 大なり小なり、六十代以上の方達はそのような経験がおありでしょうね。

 私達の親、特に母親が家庭で自然に食に関する教育をしておりました。衣食住すべてにおいて足りない時代でしたが、心豊かな時代でした。

 メールをくださったご婦人も、必要に迫られたとはいえ、家庭菜園の楽しさ、難しさを知った上で、食の大切さを子供達に教えていたことでしょう。

 嘗て、日本の親達は工夫した体験の中から、知恵を出して、食生活の大切さを教えてきました。

 さて、今の親達の食育はどのようになっているのでしょうか。

 続く・・・。

 

|

« 最近、見聞きする食育って? | トップページ | 学校と食育 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/2478251

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭と食育:

« 最近、見聞きする食育って? | トップページ | 学校と食育 »