« 学校と食育 | トップページ | 手打ち蕎麦 そば笑 »

蕎麦とナスの相性

 暑い夏がもう直ぐそこに来ている。

 
 日本の夏は、梅雨が過ぎると極端に蒸し暑くなります。そのため生活リズムが崩れやすくなり、どうしても食欲が落ちるものです。

 冷たい飲み物や冷たい素麺、蕎麦がほしくなりますよね。これによって、さらに体調が優れなくなる。

 夏バテです。

 夏に冷たい素麺やそばを食するのは日本独特の文化だそうですが、夏バテを防ぐには
タンパク質やビタミンB群の補給が必要です。

 あまりひどい時には、勿論、休養も必要ですが。

 さて、私は蕎麦屋ですので、蕎麦による夏バテ予防を工夫しております。

 暑くて食欲がないともり蕎麦注文するお客様がおりますが・・・ちょっと待ってください。

 ナスの挟み揚げぶっかけ蕎麦などいかがですか。

 ナスは水分、カリウムと栄養は多くないのですが、ナスの栄養は皮にあります。あの濃い紫色はナスニンといってアントシアニン系の色素、ポリフェノールの一種です。

 ナスは夏野菜の代表選手で、とりわけ冷やす効果が強いと言われています。暑さ負けしそうな時、ほてりやのぼせが強い時にはその効果を発揮してくれます。

 ナスは油に相性が良く、母が夏になると作ってくれた料理を思い出します。ナスとみょうが、大葉に豚のひき肉に味噌をあえて、油でいためたものでした。

 大好きでした。バテ気味であった私もこれで食欲がわき、暑い夏を乗り切ったものでした。

 さて、ネギの刻みと豚ひき肉を味噌で和えたものをナスの間にはさみ、衣をつけて油で揚げる。

 蕎麦にたっぷりの辛み大根を盛り付け、このナスの揚げ物をそえて食べるぶっかけ蕎麦は、食欲をそそり夏バテ防止には最高です。

 大根は消化酵素アミラーゼとビタミンCが多量に含まれ、豚挽き肉でビタミンB群を、ネギは緑の葉にカロチンやビタミンCが多く、カルシウムやカリウムなどのミネラル分も多く含まれているので蕎麦だけで足りなかった栄養素を取ることが出来ます。

 蕎麦と揚げたてのナスと辛み大根のハーモニーは最高。やめられませんよ。

 

 

 

 

 

|

« 学校と食育 | トップページ | 手打ち蕎麦 そば笑 »

そばの料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/2518652

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦とナスの相性:

» ファセオラミン [広い大地へ健康的な生活へ]
ファセオラミンは、消化酵素α-アミラーゼと結合し、糖質がグルコースになりにくくさせる働きがあると認められ、1gのファセオラミンで炭水化物2250kcal分の吸収をブロックさせると報告されています。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 09時25分

« 学校と食育 | トップページ | 手打ち蕎麦 そば笑 »