« そばの水耕栽培 その3 | トップページ | そばモヤシ 水耕栽培 その5 »

そばモヤシ 水耕栽培 その4

 六日目の朝になった。大半の実が芽を出している。

 その中の半分以上は6センチから、高いのは蕎麦モヤシで食べられそうで10センチはある。Sobamaki06 双葉も昨日夕方と比較して、大変多くなった。

 今までは直射日光に当てないようにしていたが、箱を反対向きにして
日光を当てみて、モヤシの変化を見ようと思う。

 夕方には燃やしの首の方向が窓の方向に向いているのだろうか。

 夕方6時の写真です。Sobamaki07

 部屋側に向いていた蕎麦モヤシが明らかに窓の方を向いておりました。

 太陽光線に当たっただけに、光合成も進み、双葉の色もよりグリーンになっておりました。

 植物の習性って面白いですね。根も布のナプキンを通して、しっかりと生えております。

 明日あたりは、モヤシとして食べられそうですね。

|

« そばの水耕栽培 その3 | トップページ | そばモヤシ 水耕栽培 その5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 あすとろさん
 
 畑での栽培ではありませんので、そばの実が
つくまでには至りません。
 普通のモヤシのようにそばモヤシを食べるのですよ。

 ちょっと苦味がありますが、栄養満点で美味しいです。

投稿: そばがき | 2006年8月 7日 (月) 08時55分

え?そばを食べてしまうんですか?
そばの実にはしないのですか?
暑い京都にて

投稿: あすとろ | 2006年8月 7日 (月) 07時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/2952695

この記事へのトラックバック一覧です: そばモヤシ 水耕栽培 その4:

« そばの水耕栽培 その3 | トップページ | そばモヤシ 水耕栽培 その5 »