« 日立の話題を一つ | トップページ | 蜂に刺される »

お盆と供養蕎麦

 皆さんの地方にはお盆にそばを食べる習慣がおありでしょうか。

 供養蕎麦の儀礼は、親鸞上人御正忌そば。祭事は蕎麦地蔵尊供養そばがありますが、わざわざお盆に食べるということは聞いたことがありません。
 我が家では、最近、お盆に兄弟が集まると蕎麦を打ってよく食べます。暑い夏には素麺などが定番ですが、冷たいそばもいいですね。みんなに喜ばれております。

 さて、お盆とは何なのでしょうか。正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことで、略してお盆といいます。 

 お盆には、先祖や亡くなった人たちの霊を迎えるために十三日の夕刻に、迎え火をたく習慣があります。
 ご先祖様はこの灯かりを頼りに帰ってくるといわれています。

 午後4時に、兄弟家族とともに、お墓に参りして、ご先祖様の霊や最近亡くなった
母や娘の霊を迎えに行ってきました。

 帰って来てから、男衆はでビールを飲みながら、一周忌を終ったばかりの母の思い出話を語り合っておりました。

 そして、供養蕎麦を食べてお開きとなりました。

|

« 日立の話題を一つ | トップページ | 蜂に刺される »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご訪問有難うございます。
今朝は日立は久し振りに雨が降っております。
少し涼しくなりましたよ。

 昨日、蜂に刺されて右手がグローブのように
なってしまいました。

 今日は病院を探します。うまく見つかればいいのですが。

投稿: そばがき | 2006年8月15日 (火) 06時49分

一年一度ご先祖様がこうして合わせてくれるのですね。
これが終わると、またそれぞれ先祖様に守られて
みんながんばれるのですね。(^O^)

投稿: あすとろ | 2006年8月14日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/3041046

この記事へのトラックバック一覧です: お盆と供養蕎麦:

« 日立の話題を一つ | トップページ | 蜂に刺される »