« 利き酒って その2 | トップページ | 利き酒って その4 »

利き酒って その3

 「小さな蔵ですが、美味しいお酒を造りますよ」と酒屋で勧められた酒。
越前大野の花垣「 純米 米しずく」を呑んでみました。Hanagaki

 利き猪口に注いで色を見るとうっすらとした琥珀色。先日飲んだ あずまみね純米 に色は似ている。

 速醸系の酒ではこのような色にならないと勝手に考えているのだが。蔵元に詳しいことを聞いてみないと判らない。

 上立ち香は強くないが、少し木樽のような香りがした。口に含むと、純米酒らしい味とふくらみがあり、舌の上で転がすと旨みと酸味も感じられて、シャープな切れもあり、美味しい酒でした。ただし、果物のような香りを好む方には勧められませんが

 山田錦などで作るとこのシャープさは出ないが、米しずくは使用原料米:五百万石20%、日本晴80%、精米歩合:麹50%、掛60%、使用酵母:9号で作られているので、シャープな酒になるのだろう。

 ナスの揚げびたしを酒の肴にして呑んだのですがこれがぴったしとあっていて、すいすいといくらでも呑めそう。

 この蔵のHPには「手造りで目の届く量を丁寧に醸していく。原材料にこだわり醸造方法にこだわる。小さな蔵ですが、大きなこだわりを発揮してまいります。日本に日本酒あり、奥越前に花垣あり。日本酒のよさを伝えていきたいと思います。」とありました。

 また、一つ美味しい日本酒を見つけました。

|

« 利き酒って その2 | トップページ | 利き酒って その4 »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

 山輝亭さん
 初めて飲みましたが美味しいお酒でした。
今度はこの蔵の山廃純米を呑んでみようとおもいます。

 山輝亭さんの一押しはなんと言うお酒でしょうか。

投稿: そばがき | 2006年9月 5日 (火) 10時46分

いいお酒を紹介されましたね!
ここ2年くらい「花垣」は飲んでいませんが、どのレベルを飲んでも満足出来る造りで、大好きなお酒の一つです。

投稿: 山輝亭 | 2006年9月 5日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31174/3316588

この記事へのトラックバック一覧です: 利き酒って その3:

« 利き酒って その2 | トップページ | 利き酒って その4 »