« 料理と酒を味わう その2 | トップページ | 蕎麦とそば汁 »

新そば粉 ほろみのり

 先日「5人ぐらいになると思いますが、13日にお願い出来ますか」という連絡がはいった。

 大変贔屓にしていただいているお客さまなので、「よろしいですよ」と答えて、直ぐに幌加内の北村そば製粉に15日必着の予定を12日必着に変更した。

 昨日、幌加内の新そば「ほろみのり」が届いた。1キロ包みに小分けして、6キロ。このように、即座に対応してくれる製粉所はいまだ嘗てなかったので、大変ありがたい。Sinsoba

 この「ほろみのり」というそば粉はどのようなそば粉なのだろうか。打つ前から、期待が膨らんだ。

 袋にはさみを入れて、粉を取り出す。白さが勝った薄いグリーンのさらっとしたそば粉だ。香りは新そばの仄かな香りがスーと入ってくる。

 早速、本日のお客様の為に打ってみた。通常は、二八で打つのだが、今日は九割に近い蕎麦に仕上げてみた。

 加水は48%、水回しを終了して、くくりに入ったところで、40メッシュとやや荒めの粉の割には大変まとまりやすく打ちやすい粉ということが理解できた。9batu_1

 食べてみた結果を一言でいえば「上品な蕎麦」ということに尽きるだろう。荒々しさが残る全粒粉の挽きぐるみの感じを期待する方にはお勧めできないが、仄かな香りと甘み蕎麦のプリンとした歯ざわりを楽しむ方には最適なそば粉に仕上がっていると思われる。(写真は店内紹介)

|

« 料理と酒を味わう その2 | トップページ | 蕎麦とそば汁 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

 
かんだたさんのところは新そばで打つのはいつ頃でしょう。
もう少し味が安定するまで待つのでしょうか。

 お客さんにとっても、蕎麦屋にとっても、新そばの頃は特別な響きがありますね。

 

投稿: そばがき | 2006年9月15日 (金) 12時42分

 もう新そばを手に入れられたのですね。
 幌加内地方は、雨が多くて、刈り入れがなかなか進まない、、、という話を聞いて心配していました。
 これから、各地の新そばが入ってくるので、楽しみですね。

投稿: かんだた | 2006年9月15日 (金) 12時18分

 x-x-xさん
 なかじんさんのブログは意見いたしました。
 しっかりした哲学をお持ちのご主人ですね。

 京都の秋は紅葉がきれいでしょう。
 紅葉の中でのお蕎麦。食べたいです!

投稿: そばがき | 2006年9月14日 (木) 13時45分

 yamasan-miharuさん
お久し振りです。やっと営業を開始いたします。
 三春の秋も紅葉で美しいでしょうね。

 今年は蜂に二度刺されました。二度目は直ぐに対応したお陰でたいした事がありませんでした。

 

投稿: そばがき | 2006年9月14日 (木) 13時41分

新そばの 香りがしてきました。 よだれ!
そばの 美味しい季節が また 巡ってきました。
そして 日本酒の 美味しい
夏の間に 絞った2kgが 利息をつけて
戻ってきます。
・・29.2%も戻らない様に セーブしなければ

投稿: x-x-x | 2006年9月14日 (木) 13時24分

そばがきさん、こんにちは。
お仕事再開されたのですね!
「新そば」の美味しい季節がはじまりますね♪

蜂にさされた手は、もう大丈夫ですか?お大事に・・・

投稿: yamasan-miharu | 2006年9月14日 (木) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 料理と酒を味わう その2 | トップページ | 蕎麦とそば汁 »