« 最近飲んだ酒 開運 初孫 | トップページ | 焼き物の里 益子へ »

忙しかった 一週間

 営業日ではなかったが、今週の火曜日にご近所の奥様が団体で店を使ってくれた。ありがたいことである。
 10月は、これで週末営業日以外の営業が4回目となった。

 あちこちで新そばの便りが聞かれる季節になり、蕎麦好きには黙っていられないのかもしれない。
 昨日は水戸、今日は日立、来週は金砂郷と蕎麦を食べに歩く人々が増えることになる。
 

 1日、夜、、息子が日立で仕事があり、久し振りに帰ってきた。家族とはいいものである。息子を交えて一杯やるのは親父としては何ともいえないものだ。

 2日の夕方、札幌での最初の教え子が彼女と訪ねてくれた。9年ぶりの再会となった。彼、I 君はしばらくはダイビングのインストラクターをしていたが、何を思ったか平成12年7月、ヨットで彼女と二人で世界一周の旅に出たのである。

 2年ほどはメールや彼のホームページで消息がわかっていたが、突然、連絡が取れなくなり、大変心配していたが、彼の元気な顔に接してほっとすると同時に安心もした。

 旅先では危険な事にもであったろうが、彼が話してくれた思い出話は楽しい事ばかりであった。Iwasa01
 ヨットで世界一周の話は、とても書ききれないので、別項に譲ることにする。

 それにしても、月日の流れは早いもの。教え子も、もう髪の毛が白くなってきた。
 次の日の昼、蕎麦を振舞った。「先生がそば屋をなー」と不思議そうに蕎麦を見ていた。

 4日、5日と満杯。次々とお客様が来ると対応がスムーズにいかなくなる。

 まだまだ修行が足りない。妻が見ていて「相変わらず、だめねー」という。
 妻に助けられて、何とかきり抜けた。

  
 
  

|

« 最近飲んだ酒 開運 初孫 | トップページ | 焼き物の里 益子へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事