« 常陸秋そばと遠来のお客様 | トップページ | そば工房 いま野苑 日立  »

晩秋 常陸秋そばに思う

 昨夜まで日立は雨。本日はすがすがしい快晴の朝になった。
店の前のもみじも色付き始めてあでやかな紅色に変化しつつある。
いよいよ晩秋の気配が濃くなってきた。Aki03
 
 茨城の蕎麦は刈り取りが終わり、そば粉になり出回り始めた。常陸秋そばの季節到来である。

 常陸秋そばはそば業界では評価が高くブランドとなり、茨城県人としては嬉しいことであるが、昨年より値段も高くなってきたので蕎麦屋としては残念なことである。

 ある製粉所では1キロ、2000円を越すと言う。いくら常陸秋そばが美味しいとの評判でもちょっと問題ありではないでしょうか?。
 蕎麦屋はこのようなところからはとても買うことは出来ない。
 一般向けの常陸秋そばの値段は1300円前後あたりか?。これでも蕎麦屋は手が出ない。
 私に様な小さな商いの店では、大量に仕入れるということはないので、俗に言う蕎麦屋価格では取引が出来ないので不利である。
 石挽きで1200円以下あたりで、やっと触手を動かすことが出来るのである。

 美味しいそばを提供するには自家製粉しかないのかもしれない。

 そんなことを思いつつ、屋敷の秋を追ってみた。写真左が道路脇のドウタンツツジ、
写真右が母屋の紅葉、その奥左に小さく見える屋根が店。
 Aki02 Aki01

 

|

« 常陸秋そばと遠来のお客様 | トップページ | そば工房 いま野苑 日立  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 幌加内産は毎年据え置きなのに、常陸秋そばは毎年上がってきております。

 いくらブランド品名になったからと言っても、これはいけませんね。
茨城県内で作る常陸秋そば全てが美味しいと言うものではありません。

 このようなものまで高い値段をつけて売れば信用を落としてしまう。
 そんなことにならなければよいのですが。

投稿: そばがき | 2006年11月21日 (火) 22時34分

そんなに高いのですか?

僕の知り合いの蕎麦屋さんは、金砂郷の有名な
農家から一俵仕入れてますが、キロもしかして4千円くらいかもしれません。そこはとくべつですが、
このところ引き合いが、大手のコンビニなどからも多いせいか
3年位前から上がってますね。

やはりキロ1100円が蕎麦屋価格だと思いますが。
蕎麦屋は頭が痛くなりますね。

投稿: 夢八 | 2006年11月21日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 常陸秋そばと遠来のお客様 | トップページ | そば工房 いま野苑 日立  »