« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

そば処 暁山 御礼

 いよいよ、今年も、あと4時間足らずで終了です。
NHK紅白歌合戦も始まりました。白組、赤組どちらが勝つのでしょうか。
 
 年の瀬を迎えるに当たって、本年中、ご愛顧をいただいたお客様に御礼を申し上げます。

 本日は二時半を持って終了いたしました。町外れの当店に、、年越しそばを食べに足を運んでくださったお客様に、重ねて御礼を申し上げます。

 

続きを読む "そば処 暁山 御礼"

| | コメント (0)

師走は忙しい

 今日は朝から忙しい。
農協直売所から、頼まれていた塩漬け筍を出荷する。
一晩水に浸けて、塩を抜き、さらに茹でこぼして塩を抜く。塩を抜く作業で二日間を要する。
 筍の保存は難しい。薬品を使うのなら、それほど難しくはないのだろうが、塩だけで冬まで腐らずに持ってくるのには塩漬けを三度しなければならず、手間もかかる。
 ただ薬品を使って保存したものと違って、煮物にしたときの歯ごたえや筍本来の風味が残っている。
 この味を知っている人がこの時期待っていてくれる。お客様というのはありがたいものである。

 直売所から返ってくると、直ぐに神棚の掃除にかかる。きれいに葺き掃除をしてから、神社でいただいたお札を新しいものに替えて、榊を生ける。
 塩、米、水も新しいものに替えてる。お酒は31日にあげましょうと独り言を言いながら作業をつつける。

続きを読む "師走は忙しい"

| | コメント (0)

年賀状

 いよいよ今年も一週間をきった。
最近は忙しかったので年賀状を作る時間もなかった。
 昨夜やっと下絵を描き準備に入ったところである。
 

続きを読む "年賀状"

| | コメント (0)

燗酒 酒は真澄 辛口生一本

 昨夜は火鉢で炭を起して、鉄瓶でお湯を沸かし、お酒を燗して飲んだ。
昭和後半から、火鉢は実用品から、調度品になってしまったが、鉄瓶でゆっくりと燗をつけて飲む酒は何ともいいものである。Kanzake01

続きを読む "燗酒 酒は真澄 辛口生一本"

| | コメント (2)

連続四日間のそば打ち

 先週は木曜から、日曜までの四日間、連続でそば打ちをした。やはり師走、皆さん年越しそばの季節と蕎麦を思い出してくれるのであろう。
                       写真はお任せメニュー Omakase02_1

続きを読む "連続四日間のそば打ち"

| | コメント (0)

師走と蕎麦

 秋の紅葉を楽しんでいたのがつい先週、気付くと、早12月も半ばになっている。
 普段は、のんびりと営んでいる当店も、少し忙しくなってきた。木、金、土と連続しての営業である。60前は多少、無理しても疲れなど、あまり感じなかったが、最近は連続して蕎麦を打つと疲れるようになってきた。

続きを読む "師走と蕎麦"

| | コメント (0)

武士の一分 TOHOシネマズ

 今、話題の映画「武士の一分」をTOHOシネマズひたちなかの映画館で、妻と二人で観賞してきた。Eiga02原作は藤沢周平、監督山田洋次、木村拓哉が初めて時代劇の主演した話題作で相手役の女優は新人の檀れい。
 
映画を二人で鑑賞するのは何年振りであろう。忘れてしまっているほどに久しい。
 TOHOシネマズひたちなかの場所はというと245号線沿いのジョイフル本田の隣といったほうが分かりやすいだろう。

Eiga01
 午後3時20分からの上映時間だったので、終了した時には外は暗かった。

 
 

続きを読む "武士の一分 TOHOシネマズ"

| | コメント (0)

農産物直売所研修会

 久し振りに研修会に出席。「中山間地域農産物直売所研修会」と
Kensyu01いう何とも長い名称の研修会である。
 開催場所は鵜の岬 カントリープラザであった。
 演題は 地域食材を活用した山間地域の活性化~元気のある農産物直売所を目指して~Kensyu02
  (写真をクリック 大きくなります)

続きを読む "農産物直売所研修会"

| | コメント (0)

日鉱記念館

 先日、入四軒に水を汲みに云った帰りに日鉱記念館に立ち寄った。
 この記念館は日立鉱山の歴史と資料がが展示されている。1階には、創業者久原房之助の遺品、草創の頃の文書史料、企業発展の歴史の写真等である。
 明治38年
、久原房之助が赤沢鉱山を買い取り、当時、この場所が日立村であったことから「日立鉱山」と命名したという。Kuwahara01
 日立鉱山は工都日立市の発展の礎となったのである。

続きを読む "日鉱記念館"

| | コメント (0)

もっとソバ屋で憩う

 杉浦日向子さん(1958年~2005年)の著に「もっとソバ屋で憩う」という本がある。
1999年に出版された「ソバ屋で憩う」の改訂版である。

もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店 Book もっとソバ屋で憩う―きっと満足123店

著者:杉浦 日向子,ソバ好き連
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 浮世絵などを下地にした独特の漫画家であったが、その後、江戸風俗研究をライフワークとしていた。NHKの「コメディー お江戸でござる」の江戸文化の解説者としても有名。

続きを読む "もっとソバ屋で憩う"

| | コメント (0)

幸せな最後とは

 年なのであろうか。
 最近は新聞のおくやみ欄が何とも気になり、見ることが多い。秋から冬にかける季節の変わり目は県内でも亡くなる方が多くなるようである。

 昨日の読売新聞県内のお悔やみ欄には49名の方がなくなり、80歳以上の高齢者は25人、本日は46人の方が亡くなり、80歳以上の高齢者は26人であった。
 高齢者の方にとっては危険な時期でもあるので、お年寄りの方は気をつけてほしい。
  
 

続きを読む "幸せな最後とは"

| | コメント (0)

お任せ新メニュー 

 土曜、日曜はお陰さまで満員状態。当店は12名限定なので、13,4名が入ると
満員となる。
 インターネットの予約のお客様が大半。一般の主婦の方もネットになれてきているようだ。
 12月で、当店は三周年になったので、三周年記念として、天ぷら数種と出し巻き玉子を
セットにして出したところ、大変好評をいただいた。
 特に、出し巻き玉子は鰹のだしがしっかりと利いており、甘みも程よく美味しいとのお客様の評価。
 思い切って記念メニューを出してよかったと思っている。

続きを読む "お任せ新メニュー "

| | コメント (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »