« 日野原重明氏 | トップページ | 七草粥と大根 »

ウコッケイの卵

 今日の朝は事のほか寒かった。車のフロントもご覧の通り。Fuyu

零下にはならなかったようだが、草にも霜が降りていた。

Fuyu01
一ヶ月振りにウコッケイが卵を産んだ。

 直売所でも、ウコッケイの卵が1個150円~200円する。脂肪分が少なく栄養価が高く、さらに希少価値があり高くつくのであろう。Ukokei

 若鶏の頃は20日間置き位に8個平均ペースであったのが、最近は一ヶ月か一ヵ月半のペースになってきた。(写真手前が雄、首を上げているのが雌)

 この烏骨鶏は、日本には江戸時代に中国から持ち込まれたといわれている。烏骨鶏の卵は5大栄養素に加え、レシチン・鉄分なども豊富に含んでおり、中国では薬膳料理に使われてきたそうです。

 店のとろろ蕎麦に使いたいのであるが生むタイミングと店の営業、そして、お客様の注文のタイミングが合わない。
 

 雌が一羽しかいないので、多ければ上手く行くかもしれないが。

 

|

« 日野原重明氏 | トップページ | 七草粥と大根 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日野原重明氏 | トップページ | 七草粥と大根 »