« 七草粥と大根 | トップページ | 小正月とどんど焼き »

そば処暁山 営業は13日から

 正月明けからのんびり過ごしている。何もしないと、少し体が鈍るので、強風で折れた竹の伐採作業を始めた。Take01
 
 営業は13日からなので、蕎麦を打つこともなく蕎麦屋とは名ばかりの日々が続いている。

 

 秋から冬にかけて木や竹の伐採をするのに適した時期といわれている。この時期、木や竹は水を上げて成長する時期でなく、休んでいる時期だからである。

 この時期に伐採した木はデンプン含有率が低く、虫がつきにくいと言う。
今回はこのような目的のための伐採ではないが、冬は雑草も少なくて作業がやりやすいので、例年、竹を伐採して竹林の管理を行うようにしている。管理することによって、良い筍が出て、掘りやすくなる。
 とくに、急斜面の作業は大変であるが「この筍の天ぷらおいしいね」のお客様一言を思い浮かべるとよし頑張ろうという気になる。
 ご存知のように、孟宗竹は繁殖がすざましい。放置すると竹が密集して、陽が入らず暗く、その周辺も薄暗くなる。Take02
  嘗ては、当店裏の竹林は家の軒下まで迫っていた。
 約八年かけて写真のように少し青空が見えるようになった。今年もあき時間を見て、行うことにしよう。
 Take03
 

 
 

|

« 七草粥と大根 | トップページ | 小正月とどんど焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 七草粥と大根 | トップページ | 小正月とどんど焼き »