« そば湯 | トップページ | 蕗のとう »

病院で検査 そして 酒蔵 東魁山 見学

 一月を過ぎると私も66歳。気持ちはまだ若いつもりであるが、残念ながら、世間では老人と称すのであろう。

 本日10時予約。頚動脈の超音波検査を受けに行きつけの病院に向かった。

 行ってびっくり。待合室を占領していると表現する出来るほど大勢の患者が待っていた。
診察は予定どうりの10時であった。

 看護士さんが「診察がありますので、少し待っていてください」と云うので、待合室で待ったいたが一時間過ぎたがなかなか呼ばれない。

 心配になって聞きにいくとやはり「ここで待っていてください」という。さらに一時間待つことになった。

 やっと診察。先日行っていたMRI検査と一緒に結果を聞くことになった。心配したほどでなく、特別心配はないという。

 まずは一安心。

 病院の近くの薬局で薬をもらおうとしたがこちらも満杯の状態。薬はまだ残っているので次の機会を待つとして、ドライブがてら、常陸太田の里の径に向かう。

 打ち粉、コンニャク玉ををかう。

 来たついでにと、349号線を北に進路を取った。目指すは常陸太田市折橋の酒蔵「東魁山」。Mon Omoya

 県北の酒蔵の中でも美味しい酒を造るとの評判。
 写真は二百年以上経ったっているという母屋と門


 残念ながら、酒つくりの工程は仕込み中ということで見学が出来なかったが、突然訪ねていったのにも拘らず、当主の奥様が親切に対応してくださった。

  母屋の中まで案内をしていただいた。何とお礼を申し上げたらよいやら、本当に有難うございました。Doma

 懐かしい土間と囲炉裏。訪ねてくる外人さんが珍しがるというが私達日本人ももうなかなかお目にかかれない建物の内部であった。

 買った美味しいお酒の評価は次の記事に譲るとしよう。

|

« そば湯 | トップページ | 蕗のとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そば湯 | トップページ | 蕗のとう »