« ウコッケイの卵 | トップページ | そば処暁山 営業は13日から »

七草粥と大根

明日は1月7日、日本人は七草粥を食べて無病息災を祝う習慣があり、行事食の一つです。(七草の効用)
 1月1日の正月のお雑煮から始まり、1月7日の七草粥、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句と続きます。
 昔の人は自然との関わりが深かく、自然を五感で感じ、その季節の無事や感謝を色んな形であらわしておリ、自然を恐れ、敬っていました。自然と切り離せない生活は、祈りとなり、神事に繋がり、生活に染み込んでいったようです。

 七草粥は、中国に起源を求めることが出来るといいます。
 日本人の精神構造は凄いと思う。古来から、中国や朝鮮、その他の国からの影響を受けてきましたが、その模倣ではなく、独自の文化を形成して来ました。
 
 七草粥は、平安時代の始めに宮廷中で行なわれいたものが、その後、庶民に広まったものだそうです。
 
 百人一首に「君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ」の若菜は七草粥のことだそうです。(光孝天皇 平安時代)

 七日正月は門松や松飾りを取り除くのがまでで、この期間を松の内といい、正月に、美味しいものばかりを食べているので、胃に優しく、滋養の多い七草粥を食べる習慣になったと云われます。

 七草粥に入れる若菜はセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの七草です。

 最近では、スーパーなどにセットとして売られております。便利になったものですが、これでは、自然の恵みを敬いながら、食べるという心境には程遠いですね。

 我が家では、屋敷内にで全てまかないできます。ただし、今年のようにそれほど寒気が強くなければですが。

 寒気が強いと霜で枯れてしまいますので。

 春の七草の中でも、そばと縁が深いスズシロ(大根)の話題を一つ。

  暮れにたくわん漬けを作ろうと、大根を抜いたところ、写真のような珍しいというか変な大根が出てきました。
 二股や三股は見かけますが、見てください。このようなものは珍しい。
Daikon01 Daikon02
左は葉が二箇所から出ている。
右の写真は一本の足の先に玉がついているのです。
 

|

« ウコッケイの卵 | トップページ | そば処暁山 営業は13日から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウコッケイの卵 | トップページ | そば処暁山 営業は13日から »