« 大昔は海の底だった? | トップページ | 羽根屋純米酒生 秋鹿特別純米酒 »

ぐい飲み

 最近のお客様の中に趣味で陶芸をなさる方がいる。
おにぎり屋kenkenの紹介できてくれるようになった。
 「仲間というのはいいものである」と表現するのは失礼かもしれないが、定年後、趣味を見いだした人達が、それぞれの趣味のつながりで人間関係が出来る。
 そういう意味で「仲間」という言葉を使わしていただく。Haga
            (写真の左が芳賀氏の織部風ぐい飲み)このぐい飲みでいただいた酒はいつもの酒であったが、今日のは格別美味しかった。

 

 陶芸を楽しんでいる芳賀氏もkenkennの岡部氏も、私もリタイヤしてから見出した生き甲斐で目標である。
 決して生活の手段ではない。

 さて、蕎麦は人と人を繋ぐという。
 蕎麦に興味がある人達に言える言葉と理解していたが、もう少し広い意味で使ってもよさそうである。

 芳賀氏の作品に夫婦河童がある。大変ユニークな作品で紹介したいが写真を撮ってこなかったので、紹介は次の機会に譲ることといよう。
 氏はボランティアで障害児の陶芸作りを指導しているという。なかなか出来ないことである。

 健康に気をつけて頑張ってほしい。

 

 

|

« 大昔は海の底だった? | トップページ | 羽根屋純米酒生 秋鹿特別純米酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大昔は海の底だった? | トップページ | 羽根屋純米酒生 秋鹿特別純米酒 »