« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

日立の桜 開花

 日立は何と今日は24度と6月上旬の暖かさ。
 わが庭の江戸彼岸桜は満開。Higan



 日立の平和通は昨日は蕾状態であった桜が今日の午後は咲き出した。Hewa01 Hewa02_1

 開花予想は4月1日であったが3日ほど早く咲いた。

 いよいよ本格的な春がやってきた。

 例年、日立市平和通り・かみね公園 ・十王パノラマ公園等でさくら祭りが開催される。

 平和通りでは、日立風流物、子供達が舞うささらの公演やみこしパレード、さくらロードレースと市民自主参加によるイベントなど盛りだくさんのイベントが実施されます。

 さくらまつりの案内はこちら

 

 


 

| | コメント (2)

庭の椿

 店の前の庭の植木が立て込んできたので、紅葉と紅かなめを移植することにした。
それほど大きなものでないので、1人でと思いつき始めたが、なかなかどうして、堀起してみると土の部分がついて結構重いものである。Ishoku

 やっと1人で引きずって移動ということになった。

 この紅葉の脇に小さな椿がある。Tu02 なんという種類か分からない。

 庭には何種類かの椿が植えられているので、この機会にと写真を撮ることにした。

続きを読む "庭の椿"

| | コメント (5)

お客様の記念写真

 昨年の暮れから、ご来店したお客様の記念写真を失礼でない限り撮るように
心がけた。

 特に遠方からのお客様を対象にしての試みであった。

 最近はケイタイやデジカメで写真を撮って帰る方もいるが、慣れていないと店に失礼と考えて、なかなか出来ないものだ。

 そんな時は私の出番になる。雰囲気を見て「記念写真を撮りましょうか」と一言。

 ご夫婦の方や一家でご来店の方、お友達のグループとこの三ヶ月に何組の写真を撮ったろうか。数えたことはないが結構な数になろう。

 最初は郵送していたが、ある日お客様から「メールに添付してください。プリントは当方でやりますから」と云われて、はっと気がついた。考えてみるとメール添付という便利な方法があった。
 写真などは郵送する癖がついているので、何の疑念もなく行っていたのだが、ネットで予約をしている店での仕事にしてはお粗末物である。

 明治中期、代々隠居として使われていた6帖二間続きの小さな家を利用しての蕎麦屋である。Gyouzan011_1
 
 最近このような家屋は壊されて無くなっているので、めずらしさも手伝ってか写真を撮る方のいるようだ。

 お正月を日立の実家で迎えるため帰省する時ネットで見て、予約をくれた方もいる。
 鵜の岬に宿泊する予定の方や吉田記念館に見学の方がわざわざ立ち寄って昼食をしてくださった。
 昨日は春休み日立の実家に帰省した機会にとご一家で訪ねてきてくれた。

 ありがたいことであると同時にネットの力を沁み時と思ったものだ。

 遠方からのこのようなお客様には「記念写真を撮りましょうか。」と尋ねる事にしている。

 お願いしますというお客様にだけデジカメで撮影することにしている。
 
 

 


 

| | コメント (0)

ウコッケイの雛 初めての水飲み

 今日の朝、親鳥の前に餌をやると、親鳥が巣を出て、餌を食べ始めた。
お腹がかなり空いていたのであろうか。Hiyoko01

 10分ぐらいだろうか勢いよく餌を食べ続けていた。

 つられて雛が巣から出てきて、親鳥を真似てかこちらも可愛い嘴で餌をつつく。

 そのあと、水を飲み始めた。この雛が始めて見せた動作である。
餌を食べ、水を飲む。誰にも教えられないのに。


Hiyoko05Hiyoko04

 生きるということの不思議さを見た思いがした。

 巣の中を見るとまだ二個の卵はかえらない。

 今日か? 明日か?

Hiyoko02

| | コメント (0)

ウコッケイの雛 初めての散歩

 2月の末から、抱えだして昨日で21日目。
夜のうちなのか? 今朝、初めての一羽が孵っているのを見つけたた。Ukokei01
 元気な雛で、もう外に出て、はじめての散歩を楽しんでいる。

 チョコチョコ素早く歩いた。なんとも可愛らしく、愛嬌のある歩き方だ。Ukokei02

 抱えているのはあと二つ。次に孵るのが楽しみである。

 生命の誕生というのは本当に素晴らしい。
 このような小さな雛鳥でも、私達に希望や元気を与えてくれる。

 あと二個の卵。雛が孵るのを本能的に判るのであろう。
 この二日間、親鳥はまだ餌も食べずにじっと卵を抱えている。
 無事に孵ってほしいものだ。
 

| | コメント (0)

メルマガ

 メルマガを暫く発行していなかったので、発行しようとファイルを開いたところ、何と
1月12日の日付で発行するばかりの文章が用意されていた。

 正月を過ぎたばかりであったので、忙しくもあり、忘れてしまったのが原因なのだが、ブログを書くようになってから、メルマガの方は、なかなか筆が進まないのも確かである。

 最近、このようなうっかりミスが多くなってきた。ボケの始まりなのか心配である。

 行きつけの脳神経外科医に、最近の忘れっぽさを心配で聞いてみたが、それ程心配することはないでしょうとの答え。

 楽天的に考えることにして、今日も、かみねプールでひと泳ぎしてきた。体がすっきりとして、酒が美味しい。

 今日の一杯は菊姫の 先一杯 を妻が屋敷内で摘んだセリの胡麻和えで美味しく飲んだ。

 

| | コメント (0)

静岡 きりしたそば 安田屋

  静岡の蕎麦屋で訪ねてみたのは、どちらかというとニューウエーブに近い蕎麦屋が多かったのだが、今回は老舗中の老舗、安田屋さんを訪ねることにした

 新静岡バス停から、北街道を5分ほど乗ったところにある全国でも有名なお蕎麦さんです。
バスからは「きりしたそば 安田屋」は見難いので通り過ぎてしまいそう。水落を過ぎ、NTTの直ぐ脇にある。
 車の方は駐車場が狭いので注意する必要あり

続きを読む "静岡 きりしたそば 安田屋"

| | コメント (0)

磯自慢

今や超人気の磯自慢酒造がヤマ十の近くにあるという。地元の酒屋で聞いてみたが、手に入りにくい酒という。勿論、茨城ではまず手はいらないだろう。ネットで探すが人気酒のせいかプレミアがついており、結構いい値段がする。

ヤマ十より、車で2、3分のところにあったので、思ってもいないチャンス到来と磯自慢酒造に向かうことにした。Isojiman_2

続きを読む "磯自慢"

| | コメント (0)

焼津 鰹節製造 やま十

 三日目 当店で使っている鰹節厚削りを作っている株式会社 やま十 増田商店を
訪ねる。
 やま十にはホームページがあり、どのような工程で作られているのか、概要は説明されているので分かるようになっているが、一度行ってみて、自分の目で確かめたいとも思っていた。Yamajyu00
特に、気になっていたのは「手火山作りという製法」のことだ。ホームページには「やまじゅうの鰹節は、昔ながらの製法で、ベテランの職人の手により、ひとつひとつ丹念に手作りでつくられています。手火山(てびやま)造りにこだわる、日本でも、数少ない工房です。」とある。(写真右がやま十の社長)

続きを読む "焼津 鰹節製造 やま十"

| | コメント (0)

日本平と清水港

静岡二日目、今日一日、息子が「あいているので、静岡を案内するよ。どこへ行きたい。」という。「久し振りに、日本平に行って見ようか。」と私。妻も同意する。
 明日は名古屋に出張の予定というのに、貴重な休みを返上して、案内してくれた。
 ナビを見ながらの運転だったが、道路を一本間違えてなかなか着かない。裏道を抜けて、やっと、動物園の横に出た。

ここからは日本平の展望台までは一本道である。私の記憶では、頂上までもう少し近かったと思うが意外と距離があった。山頂の大駐車場に着く。
 頂上には、富士と駿河湾を見ようと多くの観光客がいる。バスも数台止まっていた。

「富士見えるかしら」と妻。車を降りて、北を眺めると、霞の中に、薄ぼんやりと富士の姿が見えた。観光客はこの富士をバックに写真を撮っていたが、この薄さでは、残念ながら写らないと思う。
 「富士見えないわね!」と残念そうな声が聞こえてきた。
冬は霞など掛かることはなかったが、今年の冬は暖冬。暖かいのは良いのだが富士が見えづらくなるのでは困りものだ。
私達夫婦は清水港をバックに一枚撮ってもらった。Nihondaira02

続きを読む "日本平と清水港"

| | コメント (0)

静岡市の秘境 梅ヶ島温泉

先週、義母の様子を見に静岡に行くことになった。妻は2ヶ月に一度行っているが、私は、昨年の10月に行ったきりであったので、訪問は4年振りちょうっとになる。

 朝7時44分発のスーパーひたちで出発、上野着9時26分、新幹線ひかりで静岡に向かう。小田原あたりから、富士がよく見えた。新幹線では新富士からの見る富士山が雄大に写るが、前景が工場群で、せっかくの富士が台無しである。
 静岡着11時10分。

続きを読む "静岡市の秘境 梅ヶ島温泉"

| | コメント (0)

蕎麦打ち河童

 昨日は4組のお客様がいらして下さった。
 11時から30分置きの予約なので、落ち着いて段取りが出来るので、忙しくなくこれくらいのペースがいい。

 相変わらず、鴨せいろと天せいろが好調である。
 いつもご贔屓にしてくれているMさんご夫婦、パソコンの仲間のTさんとそのご友人、陶芸の趣味のHご夫妻、Nさん親子と皆知り合いの気兼ねないお客様ばかりである。Capa03

 

続きを読む "蕎麦打ち河童"

| | コメント (0)

蕗味噌

 昨日まで、妻の実家へ行って留守にしていたので、ブログの更新もままなりませんでした。(静岡でもお蕎麦屋さんに行ってきましたので、後に報告いたします。)

 朝早くから、ソバ汁作りや鴨せいろの仕込み等をいたしました。天ぷらの注文も何件かあったので、裏の畑のわきに蕗を取りに行って、今日の分はやっと確保いたしました。

 

続きを読む "蕗味噌"

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »