« 焼津 鰹節製造 やま十 | トップページ | 静岡 きりしたそば 安田屋 »

磯自慢

今や超人気の磯自慢酒造がヤマ十の近くにあるという。地元の酒屋で聞いてみたが、手に入りにくい酒という。勿論、茨城ではまず手はいらないだろう。ネットで探すが人気酒のせいかプレミアがついており、結構いい値段がする。

ヤマ十より、車で2、3分のところにあったので、思ってもいないチャンス到来と磯自慢酒造に向かうことにした。Isojiman_2

 

酒造蔵というと山の中にあるイメージが強いが磯自慢と命名した理由が分かったような気がした。

波の音がかすかに聞こえる焼津小川港近くの蔵はある。残念ながら、突然の訪問だったので、工場見学は出来なかった。
 酒造の表は品格のある料亭のような雰囲気をかもし出しているが、その裏には、大きなステンレスのタンクが見えたので、内部の設備は近代的なものと想像できる。

店の格子戸を開けると右側に磯自慢の銘酒が並んでいた。Isojiman02お酒の特徴を尋ねると、わざわざ店の奥より社長さんの奥様が出できて丁寧に教えてくれた。(写真左より2人目)
 紹介された中の純米吟醸生原酒を選ぶ。買って従兄弟のところで、皆で飲んだが、全員がこの酒は旨いという。

立ち上がり香は強くなくフルーティな吟醸香がふわっと来る。口に含むとソフトな厭味のない旨味が広がる。酸味はそれほど感じられなく、引き際がさらっとしていて、生原酒独特の粘りがない。欠点のない酒である。日本酒の飲めない妻も美味しそうに一杯。「鼻にツーんと来るアルコールの匂いがなく、美味しい酒ね。」との評価。

 磯自慢メモ
 天保元年(1831)
 年間生産量 約1200石 原料の酒米は最高級といわれる兵庫県特A地区産山田錦
 静岡酵母をはじめて使った蔵の一つ。

|

« 焼津 鰹節製造 やま十 | トップページ | 静岡 きりしたそば 安田屋 »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼津 鰹節製造 やま十 | トップページ | 静岡 きりしたそば 安田屋 »