« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

三春の帰り道 岩松寺の山桜

 先週の金曜日、三春の滝桜を見にいった。帰りは小野町を通り、49号からいわきにを抜け、いわき中央ICから、常磐道にのる予定であった。
 どこをどう間違ったか定かでないが、迷いに迷って、国道とは名ばかりの349線、古殿町にでた。

 「以前、通った道だろう」というと、妻が「違うようですよ」との答えが返って来た。数年前に、会津に行った帰り道と同じと思っていたが、どうも違っていたようだ。

 この道を走り続けると矢祭から里美に抜けるルートと思うがなかなか矢祭に着かない。

 道端に高萩まで11キロという標識が目に止まった。県道111号線である。確かに、高萩市の標識までは近かったが、それからの道のりが長い。

 人家があるところが下君田で、松岩寺の前を抜ける道に出た。ここに樹齢350年といわれる立派な山桜が有る。Gan00

 まだ五分咲きで、夕日に映えて、美しい。

 今週あたりが見ごろを迎えると思う。
  

| | コメント (0)

三春の滝桜

 昨日、快晴という予報であったので、妻と三春の滝桜を見に行った。
 昨年から、ブログでお付き合いをしている三春のyamasanのブログ「三春の春、みぃーつけた!」で、毎日のように詳細が報告されているので、開花時期がよく分かり、大変ありがたい。Mi04_1

 タイムリーに地方の情報が手に取るように知れるということは、やはりネットの力であろう。
 

 

続きを読む "三春の滝桜"

| | コメント (2)

日立の桜 平和通

  今日は日立は曇り空。それでも、桜は艶やかなピンク色。
 平和通の桜が満開です。
 満開の桜を見上げていると夢の中に誘われそうです。Hei01
 
 これから桜前線は北上していくでしょう。福島、宮城、山形、秋田、そして5月の連休あたりは北海道でしょうか。

 まだまだ日本各地の桜は楽しめそうですね。Hei02














Hei04

| | コメント (0)

日立の桜名所 神峰公園

 昨日、かみねプールに泳ぎに。
 どんなに忙しくても、週二回は泳ぐようしている。

 日立市街地の北西に位置しているかみね公園の中にある。春休みは子ども達で賑わっている日もあったが、今日は子ども達を見かけない。春休みは終ったのだろうか。

 この神峰公園は展望台のある公園エリアと北関東一といわれる規模の動物園エリア、さらに子供向けのレジャーランドが併設している。

 2004年には頂上一角に吉田正音楽記念館がオープンして市民や県内外のお客様に親しまれている。

 ここも日立も桜名所のひとつである。泳ぎ終わったあとに、桜を見て帰って来た。
桜はソメイヨシノと山桜が満開であった。Ka04

 公園には何種類かの桜が植えられている。4月中旬には右近の桜、関山、一葉、兼六園菊桜などが咲き乱れる。
 写真上がソメイヨシノ 下が山桜





Ka01

 

| | コメント (2)

蕎麦屋に続く小径

 蕎麦屋に入る道順が分かりづらいので、母屋の入り口より、導くようにと今週の火曜日から小径作りを開始した。Gyo01_1

 今日で作業3日目。1人で作業しているので、なかなか進まない。
 作業が遅いのは並べる石にも原因がる様だ。

 屋敷内に合った自然石やホームセンターで買った置いた飛び石、大谷石のあまり物と多彩で組み合わせに時間がかかる。

 おおよその設計をして始めればよいものをなりきに始めてしまったので、さらに遅延の原因になった。Michi01

 何とか30メートルぐらい並べた。もう少しで終了する。看板の案内がない店なので小径が出来上がったならば母屋の入れ口にでも、小さな看板を出そうと思う。 (写真 上から1枚目暁山正面 2枚目径入り口より店を望む 3枚目畑の横を通る 4枚目まだ未完成の部分)


Michi02






Michi03

| | コメント (0)

最近飲んだ酒 磯自慢 喜久酔 

 先月の初め、静岡に行ったときに飲んだ磯自慢が忘れられず、ネットで注文した。残念ながら、純米吟醸生原酒はなく、しぼりたて本醸造。
 酒造米キヨ錦特上 精米歩合65% 日本酒度+4~+5 酸度1.25 粕歩合31%
 使用酵母New-5(静岡酵母)
酒造米キヨ錦と初めて聞く名前である。この米の特徴は分からないが、自家培養酵母を用いて低温でゆっくりと発酵させて作られている。Isjiman03
 飲んだ感じでは、とても純米吟醸には敵わないが、磯自慢独特のフレッシュな香りがあり、値段にしては満足できる一品である。磯自慢の以前の記事

 

喜久酔は藤枝市青島酒造で醸されている。
  
 

続きを読む "最近飲んだ酒 磯自慢 喜久酔 "

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »