« 夏蕎麦 | トップページ | 蕎麦の本 こだわり蕎麦屋の始め方 »

夏蕎麦 Ⅱ

 昨日は蕎麦の根もとに土寄せを行った。蕎麦は倒れやすいのである。
13日に蒔いた種が発芽してから、2週間が過ぎた。そばの成長は本当に早い。
もう20センチにもなっている。Natusoba02_1
 この成長振りだと、他の草よりも早く大きくなり、蕎麦の周りは日陰になり、草達は太陽エネルギーを得ることができずに、大きくはならないだろう。蕎麦畑は雑草が生えなくらる。さらに、根からは雑草が嫌う物質を出して生えないようにしているらしい。

 蕎麦は穀物の中ではめずらしくタデ科に属するという。「タデ食う虫も好き好き」と諺にもあるように、たいていの虫はタデを食べないそうだ。蕎麦畑は害虫が少ない理由もここにある。Natusoba03_1
 蕎麦の葉は薄くてハート型をしている。よく観察していると判るが葉は3日に一枚のスピードで出てくるようだ。

 茎のしたの部分は赤くなる。気温が低いと赤くなるといわれるが、写真を見ても判るように夏蕎麦でも赤いのは何故だろう。
 
 

 

 

|

« 夏蕎麦 | トップページ | 蕎麦の本 こだわり蕎麦屋の始め方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 実験的に蒔いてみました。5月に蒔き予定が6月中順になり、遅かったのです。実がつくかどうかさえ判りません。

 今回は6坪程度なので、取れても1kぐらいでしょうか。
 
 蕎麦の収穫量は正確にはわかりませんが30坪で4kから7キロ程度でしょう。

 米の収穫量の6分の一ぐらいだと聞いたことがあります。

投稿: そばがき | 2007年7月 1日 (日) 19時56分

夏蕎麦、楽しみですね。

蕎麦は寒暖の変化を好むといいますが
どうなのでしょうか。
茎が随分赤いですね。

秋蕎麦も育てられたと書いてありましたが
その広さでどのくらいの収穫があるものなのでしょう。

投稿: 夢八 | 2007年6月30日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏蕎麦 | トップページ | 蕎麦の本 こだわり蕎麦屋の始め方 »