« 蕎麦屋酒という本 | トップページ | 笊蕎麦 つど野 »

静岡 笊蕎麦 つど野

 今年、二回目の静岡への旅である。
 
 今週始めの月曜日、妻が朝8時のスーパーひたちで立つ。わたしは午後に日立市役所で会議(e-ひたち計画市民の意見を聴く会)が入っていたので、やむを得ず午後5時のスーパーひたちで立つことになった。

 * e-ひたち計画とは―日立市情報化推進基本計画―をさし、平成14年度より推進されているものである。
   

 静岡の妻の実家に着いたのが午後9時少し前であった。

 次の日、午前中は庭の周りの草刈になった。仕事中に電話がなった。慌てて出ると息子からである。
 名古屋に出張があり、11時近くにこちらに来るという。三十過ぎの息子でも連絡などないとどうしているかなと心配であるが、顔を見るとほっとする。

 私が静岡に来るたびに、美味しい蕎麦屋がないかと探しているのを知っているのでネットで調べたという。

 今日はその蕎麦屋で昼食をとろうということになった。
「つど野」という名前の蕎麦屋なのだそうだ。今まで、静岡では聞いた事がない蕎麦屋である。

 電話で連絡を取ると妻の実家から意外と近い。安部街道を梅が島方面に向かって行くと曙橋がある。この橋を渡ると油山。
 さらに安倍川沿いに上流を目指すと津渡野である。ここからが判りづらい。「そば」という小さな看板を頼りにいくとやっと辿り着くというものだ。Tudono

 予想していた建物とは違いかなり大きな建物であるが、写真のように正面は簡素な暖簾が。建てのもに似合わずに左側に「笊蕎麦 つど野」小さな看板が掛かっていた。

 どんな蕎麦を食べさせてくれるのであろうか。
 期待が高まる。
 

 

|

« 蕎麦屋酒という本 | トップページ | 笊蕎麦 つど野 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦屋酒という本 | トップページ | 笊蕎麦 つど野 »