« 夏蕎麦 Ⅱ | トップページ | 夏蕎麦 Ⅲ »

蕎麦の本 こだわり蕎麦屋の始め方

 蕎麦の本紹介
 蕎麦に関する面白い本が出版されたよ。という紹介より、蕎麦屋を経営するための今後の方向を示す本が出版されたと捉えれた方が適切であろうか。
 ダイヤモンド社から先月28日木)発売になった「こだわり蕎麦屋の始め方」著者は蕎麦コンサルタント 鎌 富志治(かま としはる)氏である。Hon
 氏の前身は某広告代理店の営業局長、局長時代はキリンの氷結果汁のような大きな商品開発プロジュクトを手がける。その後、脱サラして、手打ちそば屋「夢八」を神田で開業。大繁盛していたが、体調を壊して廃業。
 その経験を生かして、現在は企画会社のスーパバイザー兼そばコンサルタントとして活躍している。
 さて、本の内容は
****
はじめに 蕎麦屋ほど素敵な商売はない
第一章 はじめてでも出来る繁盛店のつくり方
第二章 こだわり蕎麦屋には必要条件がある
第三章 成功のカギはあなたの中にある
第四章 蕎麦屋開店までの実践ノウハウ

 取材した蕎麦屋はいずれも、今話題のこだわり蕎麦屋6軒。
「淺川」前橋市「蕎・馳走 岩舟」豊島区南大塚
「眠庵」千代田区神田「茶の間 美登里」台東区浅草橋
「手打ち蕎麦 銀杏」江東区大島「蕎麦 たじま」港区西麻
****
 具体的な内容はというと、そばが好きでそばを食べ歩いた方が書いた本とも、手打ち蕎麦屋を営業しているご主人が書いた本の内容とも明らかに違う。
 こだわり蕎麦屋の始め方という表題にもあるように、これから蕎麦屋を始めようとしている方や現在、私のように蕎麦屋を営業している者にとっても大変参考になる本である。
 今までの蕎麦屋のこだわりはそばそのものの美味しさを究極まで追及するという方向性で成功してきたが、これからの蕎麦屋のこだわりは、それだけでは成功は覚束ないという。
 あらゆる和食、あらゆる洋食との競合の中で、蕎麦屋の経営を捉えるべきだと氏は言うのである。
 確かに、私の少ない経験の中でも、本人の意気込みとは裏腹に業績は下降して、ついには廃業しなければならなかった同乗者も見ている。
 「とにかく、ただ蕎麦屋をやりたいだけという動機ではじめるなら、やめた方が無難です。失敗は目に見えています。・・・同書107ページ」と氏は書いている。
 では、何を見据えて、開業に踏み込むのか。この辺のノウハウも豊かな経験を基にして解き明かしている。
 これから蕎麦屋開業を志している方や現在、蕎麦屋を営んでいるが思わしくないかたの大いなる指針になる本といえる。

  

こだわり蕎麦屋の始め方―酒と料理、店構えも妥協しない極上店の開業レシピ

著者:鎌富 志治
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なお、この本に取り上げられなかったこだわりの蕎麦屋さんが氏のブログで公開されております。
 ぜひ、こちらもご覧になってください。
 
 蕎麦の散歩道
 http://blog.goo.ne.jp/toshiharu2214

                        

|

« 夏蕎麦 Ⅱ | トップページ | 夏蕎麦 Ⅲ »

そばの本紹介」カテゴリの記事

コメント

 夢八様
 素晴らしい本を書いていただき感謝しております。
 これからの私のバイブルになると思いますよ。

 私もこれを機会にコンセプトを整理・再考してみます。4年目ですのでよい機会かもしれませんね。

 機会がありますたら、ぜひ、日立のほうにもお出かけください。
 一番いい季節は春先の3月から5月あたりでしょうか。
 屋敷内で蕗のとう、せり、みつば、ヨモギ、筍、うど、山椒、タラノメ、蕗、茗荷、こしあぶら、花いかだ等が取れます。
 
 採り立ての山菜の天ぷらが召し上がれますので。

 これからは畑で取れる野菜か花茗荷ぐらいしかありません。
 

投稿: そばがき | 2007年7月 3日 (火) 22時23分

 いつもコメント有難うございます。
蕎麦が好きで、興味がある方なら読む価値が充分あります。
 これからの蕎麦屋と蕎麦の方向性が見えるようです。

投稿: そばがき | 2007年7月 3日 (火) 22時08分

そばがきさん、ご紹介ありがとうございます。

本にもありますように、自分できる事は
たかが知れています。
家族、友人、その友人のお陰で
生かされているようなものですから、
それを大事にしたいですね。

なんとか、一度そちらにお邪魔したいものです。

投稿: 夢八 | 2007年7月 3日 (火) 22時06分

立ち読みしてから 買うか買わないかと
思っていたんですが 蕎麦屋さん向けなんですね。

こだわりの蕎麦屋さんだけでは 商売にならない
やはり 都会は 厳しいのかな?

接客、雰囲気、蕎麦以外の料理 良いに越した事は
ないけれども わずかな金額で求めるべき物では
無いと考えています。高いといけません。

ざる、日本酒、肴 他に必要?

机上の空論はやめて 一回蕎麦屋さん
行くのをやめて 買って見ます。(笑)

投稿: x-x-x | 2007年7月 3日 (火) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏蕎麦 Ⅱ | トップページ | 夏蕎麦 Ⅲ »