« キタワセ玄蕎麦で打つ | トップページ | 透明感のあるそばを打つ 終章 »

松の手入れ

 今日は店の前の松の手入れをした。Matu01
 いつも思うのだが松の剪定は難しい。最近は少し慣れてきて、切る芽を選べる様になったが、的確に判断するのはまだまだである。 (写真は手入れ前)
 
 松は、春のみどりつみ(5月から6月上旬)と暮れの剪定(10月から)ともみあげの2回行う。
 今年は、時間もなく、一回で済まそうとこの時期になった。みどりを摘まなかったので芽を剪定して余分な芽を落し、芽の下に残った古い葉を揉み落す作業を同時にやることになる。
 ぼさぼさとした松も少しはすっきりとしたろうか。Matu02 (写真下は手入れ後)

 

 

|

« キタワセ玄蕎麦で打つ | トップページ | 透明感のあるそばを打つ 終章 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キタワセ玄蕎麦で打つ | トップページ | 透明感のあるそばを打つ 終章 »