« 蕎麦の花と受粉のしくみ | トップページ | お客様に気付かされたこと »

香取 純米酒

 しばらく酒の感想を書いていない。Katori
 ネットで何か変わった酒がないだろうかと探していたときに「精米歩合90%」という
今まで飲んだこともない酒に出会った。「香取 純米酒 」である。千葉県香取郡神崎町 寺田本家で作られている。

 長期により熟成した樽酒だということだけあって、利き猪口に注ぐと、 琥珀色鮮やかな色合いを見せる。Katori02
 精米歩合90%の酒との出会いは始めてで、またその色合いと独特の香りに驚かされた。
 今持てはやされている吟醸系の酒とは対極をなす酒である。
 この蔵は無・減農薬米を使用した体に良い自然酒・・酒は百薬の長・・ということをコンセプト酒作りをしているめずらしい蔵です。

 香取は生もと造り無濾過の純米酒です。
 古酒のような独特の香りがあり、濃醇にして旨口の純米酒です。そば前としては、推薦しかねますが、そばのコースで出される豆腐の味噌漬けや焼き鴨等にはよく合います。

掛米/コシヒカリ、あきたこまち 精米歩合90% 酵母自家培養
アルコール度数15.2% 日本酒度+2 酸度2.3 アミノ酸度4.1

|

« 蕎麦の花と受粉のしくみ | トップページ | お客様に気付かされたこと »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦の花と受粉のしくみ | トップページ | お客様に気付かされたこと »