« お盆の準備 | トップページ | 鳩が丘お楽しみ交流会 »

利き酒 奥播磨 愛宕の松 東北泉

 久し振りに酒三種類(奥播磨 愛宕の松 東北泉)を並べて利き酒をしてみた。
 利き酒は単独で飲むよりも何種類かを飲み比べて方がその特徴がよく分かる。
 
 奥播磨 純米酒 (兵庫)
 色はやや琥珀色かかり、香りは弱め、口に含むと落ち着きのある味わいで、お米のうまみが広がってきます。すっきりとしたお米のお酒らしさを感じる、中に酸味と渋みが少し感じられるのが原料米夢錦特徴か。
 どれも突出した味ではなくバランスはよい。お米のうまみを十分に心地よく感じさせます生原酒の味わいに飽きたときにはホッとさせる味わいです。
 原料米 夢錦 精米度 55% 使用酵母 協会9号 酸度1.6Ataoku
 アルコール度 15.8%

愛宕の松 純米酒 (宮城)
 色は奥播磨よりは弱いがかすかに付いています。香りは強くはないがフルーティ香りで爽やかさを感じます。
 口に含むとインパクト系のパッと広がるではなく、スーッと染み渡ってくる感じ、なめらかなうまさがあります。
 こちらもバランスがよく安定感のある味わいです。
 「究極の食中酒」を目指しているという新澤醸造店のお酒は含み香のあるインパクトの強いお酒目指すよういは造られていないようです。
 新澤杜氏は学生時代に最年少で利き酒チャンピオンになっている実力の持ち主とのこと。
 原料米 ささ錦 精米度 60% アルコール度 15.9% 日本酒度 +3.0 酸度 1.6

 東北泉 特別純米酒 (山形)
 お酒はやはり純米酒、純米酒が飲みたい!という方にお薦めの純米酒です。
 こちらが三つの中では、香りは抑え目、あまり味が濃くなくてスッキリストレート飲める思います。この中の酒では一番すっきりとしているのは酸度が1.3と低いのが理由かもしれません。
 全く雑味やクセがないきれいな酒質で清涼感があります。山形の米、雪化粧ヶ使われているので山形酵母を使っても、出羽桜のような華やかさと旨味はありません。
 原料米 雪化粧、美山錦 精米度 55% 酵母 山形酵母 日本酒度 +3 酸度 1.3 

|

« お盆の準備 | トップページ | 鳩が丘お楽しみ交流会 »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆の準備 | トップページ | 鳩が丘お楽しみ交流会 »