« 利き酒 奥播磨 愛宕の松 東北泉 | トップページ | 海防城跡 »

鳩が丘お楽しみ交流会

 一昨日、昨日と暑さは一段落していたが、本日Kouryukai01は再び残暑が厳しくなった。
そんな中、従兄弟に誘われて鳩が丘子供会と 山根子供会のお楽しみ交流会を見学して来た。

 子供会の活動は全国的に不活発になって久しいが、この2地区の子供会は活発に活動している。
 例年、活動の一環として、夏休みには竹を利用し、自分達で箸やスプーン、お椀等を手作りした食事会を開催しているという。Kouryukai04

 男の子達が一生懸命竹を切って、 器や箸を作っているとき、お母さんたちと女の子は自治会のなかでカレーライスの下準備に忙しい。

 

 あるお父さんはソーメン流しの仕掛けを作っている。Kouryukai05
 例年のことなので、なかなか手際良く作業が進んでいく。その脇ではまだソーメンが流れて来ていないのに、小さな子が食べる真似をして嬉しそうだ。なんとも微笑ましい光景である。

 このような場面に接すると、今多くの学校で起きているという子供達の間に起きるいじめやいさかいごとが嘘のようである。

 嘗て、子供達は親達の愛情と地域の人々の関わりの中で、育てられてきた。
 今の時代は、親御さんも忙しい、地域の人の関心も薄い。興味Kouryukai06本位の子供達の世界だけが広がっていく。
 
 この地区のように、お楽しみ交流会を開催し、子供達が物作りに勤しみ、作る喜びや仲間との協力関係を自然に学ばせていることは素晴らしいことである。
 実際に物を作ることは、バーチャルな世界で精神が浮遊するのではなく、人間を健全に育て上げ、生きる上の知恵も付くのである。
 これからも子供会の活動を続けていってほしいと祈らずにはいられない。
 
 ただ、世話役さんは大変であろう。ご苦労様といいたい。ここの鳩が丘子供会の会長さんは大森さん(写真右)
 真ん中は大森助川地区子供会連合会会長、左が従兄弟の柴田氏Kouryukai03
 
 この地区のように、他の地域でも活発な子供会の活動を期待したいものである。
 
 子供会の活動の一環の花壇作り。何度も表彰されている。


 Kouryukai08
 

 
 
 
 

|

« 利き酒 奥播磨 愛宕の松 東北泉 | トップページ | 海防城跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 利き酒 奥播磨 愛宕の松 東北泉 | トップページ | 海防城跡 »