« お盆の修理 | トップページ | 気になるブログ 羊毛遊びって? »

秋の日のドライブ 里美街道

昨日、漆塗り作業をした後、今週使う蕎麦うち用の水を汲みに入四間に行ってきた。おおよそ10日に一回の割合だろうか。
 ここの地下水は「とうふ工房名水亭なか里」にも使われている美味しい水「木の根坂湧水」である。
 さらに、足を伸ばして、常陸太田市のJA直売所「さとの径」でなすと打ち粉、つなぎ粉を買う。
 温かい天気に誘われて、さらに足を伸ばす。昨年、常陸太田市に合併された里美町のJA直売所では天ぷらの材料マイタケとシイタケを購入した。いずれも作っている方が表示されており、安心である。
 この直売所でこの辺では珍しい四季桜を見た。Fuyusakura 春を盛りと咲くソメイヨシノと比較は出来ないが、秋晴れの空の下で静かに咲く桜も風情があってよいものである。

 帰り道でそばの穂を木槌で叩いて、実を落としている人の姿を車中から見て、気になって車を止めた。
 「今年は収穫がよくないよ。台風が来てねー。」老婆はいいながら、実を落とす。見ると確かに実のつき方がよくない。
 自分でも蕎麦を作った経験があるが、天候に左右されやすいので、大変な仕事である。「百姓は割に合わないよ。放っておくと畑が荒れるのでねー。已むをえなくて。」とぼそぼそと話す声に力がない。
 この辺一体は中山間地域で、主に農作で生計を立てている人々が住んでいる。
 老婆の話を聞きながら、おいしくて安全な国産農産物を期待している我々消費者はどのようなことができるのか、自問自答していた。
 
 最後に寄ったのが、酒蔵東魁山である。Toukaizan02 余り知られていないが、作りが丁寧で、ここの酒は本当に美味しいのだ。
 今回買い求めた酒は純米酒 原料米はひたち錦という米で、最近茨城県が力を入れている好適米である。
 フルーティな米の香りが広がり、口に含むと厭味のない旨味が口の中を満たす。思わず「旨い!」と口に出た。
 余り酒は飲まない妻もこの酒ならと口に含む。家に帰って、二人で愉しんだ。Toukaizan01

|

« お盆の修理 | トップページ | 気になるブログ 羊毛遊びって? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お盆の修理 | トップページ | 気になるブログ 羊毛遊びって? »