« 鴨南せいろが売れ筋 | トップページ | 石臼一本挽き ザ 蕎麦 »

アケビとは違う ムベ

 ヒヨドリが鳴きながら、ムベのみを突付いている。Mube01 柿木に巻きついたムベを食べているのである。
 この柿は渋柿で熟していないので鳥達はまだ食べていない。もっはら、このムベを突付く。
 このムベは、5月頃に開花する。花はバナナの皮のような薄い黄色で細長い。アケビの花とは非常に趣が異なる。
 秋に果実が赤紫に熟す。この果実は同じ科のアケビの果実に似ているが、果皮はアケビに比べると薄く柔らかく、アケビのように皮の縫合線に沿って裂けることはない。

 今年はムベも柿も当たり年である。
取ってみたら、一本の木から125個ものムベが取れた。

 とても夫婦二人では食べきれない。Mube02 兄弟に上げたり、近所に上げたり、お客さんにも食べてもらいたい。
 しかし、アケビと同じように、種が多い食べものである。ちょっと食べずらいのが難点かもしれない。

 味は上品な甘さがある果物である。
 

|

« 鴨南せいろが売れ筋 | トップページ | 石臼一本挽き ザ 蕎麦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 そばんちさんへ
 香りが高かった蕎麦とのご質問ですが、多くの産地の蕎麦を打った経験がありません。

 信州産(信濃1号)、山形産(出羽かおり)、茨城産(常陸秋蕎麦)、北海道産(キタワセ、ボタン)くらいです。
 最近では山形産でしょうか。ご承知のように、そばの香りは同じ品種でも、その年によって、また、栽培する場所によって違いますので、正確にはわからないと言うのが、私の結論です。

投稿: そばがき | 2007年11月13日 (火) 13時41分

井戸さんへ
 コメント有難うございます。ムベは毎年なっておりますがその年によって当たりはずれがあります。
 井出さんの幼かった頃の東京杉並は、自然が豊かだったのでしょうね。

 近ければ、来ていただいて懐かしいムベを食べていただきたいのですが残念です。

投稿: そばがき | 2007年11月13日 (火) 13時31分

私の所でもムベがあります。25年前に建てた家ですがその時植えたものが現在実をつけて3年前から多くなってきました。
アケビも植えています。
お客さんに出そうか?などと家内と話しています。
ところで今まで使われたそばで一番香りが高かったそばはどこのそばでしたか?

投稿: そばんち | 2007年11月13日 (火) 07時56分

初めまして、東京の府中市に居住します幹雄と申します。
久しぶりにムベの実をみました、50年ぶりです。
種の周りの果肉がほんのりと甘くスイカの種を飛ばすように吹き飛ばしたことを思い出します。
ムベの実を知っている方は少ないのでは。
久しぶりに幼いころの東京で(杉並区)食べていた頃を思い出しました。
現在、趣味で蕎麦打ちを楽しんでおります。

投稿: 井戸 幹雄 | 2007年11月12日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鴨南せいろが売れ筋 | トップページ | 石臼一本挽き ザ 蕎麦 »