« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

梅の花

 梅の花といえば、尾形光琳の2曲1双の国宝『紅白梅図屏風』をまずは思い浮かべる方が多いのではなかろうか。

 画面の中央には上部から下部へと末広がりに流れる水流が描かれており、
左に白梅、右に紅梅の花が咲くニ本の梅樹が描かれている。

 水の流れはデザイン化されていて、梅の花も簡略化されている。梅の樹幹部分は「たらし込み」を用いて表現されているという。
 装飾性の高い光琳の琳派芸術の最高傑作といわれる所以であろう。

 さて、店の裏の梅が咲き出した。今年は少し遅い。例年だと、正月に間に合うように咲くのだが。Ume02

 現在は、2分か、3分咲きである。

 梅は桜と違って、派手さはないが、特に白梅は清楚な美しさがあり、私は好きである。

 2月になると、紅梅も咲き出す。このころになると、春は近いと感ずるようになる。
 

| | コメント (2)

陶器完成

 Haga氏にお願いしていた陶器が出来上がってきました。

  こんな言い方は作者に失礼かもしれませんが、
思っていた以上の出来映えでびっくり。
 有難うございました。

 そば猪口と小皿は萩釉をかけたので、素焼きした土の
茶色を程よく見せながら仕上がっておりました。Kodon02

 私は萩焼が好きなので、大満足です。

 鴨南せいろ用の小どんぶりは
土が古信楽陶土と白御影陶土のブレンドですが白さが勝ります。
 釉薬は白萩釉を使ったので、器全体は白いですが
縁は黒天目釉を使ったので、茶色と少しグリーンがかった景色が出でいます。

 色付けしたときは、形はハッキリとしていて赤茶色でしたが、焼き物は不思議ですね。Kodon01
 形は崩れ流れて、よい意味での景色になりました。

  白萩釉は白色そのままですが、高温で焼かれてたので変化し美しい光沢が
出ました。

 焼く前は、陶器がこのように変化するということは想像できなかったのですが、経験するということは、いいことですね。

 早速、明日から、店で使うことにいたします。

Haga03

| | コメント (7)

温かいそば 弐

日立も寒い日が続いております。
 
 最近は「温かいそばありませんか。」と云われる
お客様が多くなってきました。
 
 そんな訳で、今年の冬は温かいをお出しすることに
いたしました。

 温かいそばの難しいところは、そばがのびる事、
そばの香りが落ちることですが、麺の太さを太くする
こと、茹で時間を考慮することで何とかクリアする
事が出来ました。

 丸抜き粉で打つ上品なそばよりも、玄そばを挽いた粉を
多く使って打つ田舎風のそばというところに
帰着いたしました。Onsoba02_2
 
 鴨南そばにしようか、海老天そばにしようかと
種物をいろいろと迷いましたが、決定したのは
甘めに煮たお揚げと小海老のかき揚げを
のせたその名も「化かし合いそば」、価格は千円です。
 きつねソバとたぬきソバを一緒にしたそばということで
この名にいたしました。

 温ソバはそば汁を、美味しいと全部飲み干して
しまう方がおられます。
 お客様の健康を考え汁はだしを利かせて、
薄めに作ることにいたました。

 18日よりお出しいたしますので、新しいメニューを
よろしくお願いいたします

| | コメント (2)

蕎麦好きがボケない理由

 最近、認知症の話題が多くなってきた。
日曜日のNHK総合TVでも、認知症の話題を取り上げていた。
 170万人ともいわれる認知症の人々がいるという。
 

 このTVで取り上げていた問題は、患者を認知症と医者が判断できずに、
何年も、苦しんできた本人と家族の話題もあり、問題の難しさが浮
き彫りにされていた。 

 本人や家族がどうもおかしいよ。病気では?。と疑問に思って
病院を訪ねる。

 診断は「なんでもないですね。」とお医者さん。
 帰ってきて、一安心するも、何日かたつと、何か
おかしい。

 この繰り返しが、病状を悪化していったという。
 本当に、このようなことがあってよいのであろうか。

 誤診をされた患者さんは怒り心頭であろう。

 さて、認知症はいろいろな原因で起こるという。加齢によるもの。
年齢に関係ないアルツハイマー病、アルコール性のもの、
脳血管障害などから起こるものなどがあるらしい。

 とくに、アルツハイマー病は薬による治療は早期で
あればあるほど進行を抑える効果があるという。

 医者の診断が的確になされなければ、患者と家族は
このTVで紹介されたように、苦しむことになる。

 私はTVを見ながら、以前読んだ蕎麦とボケについての本を
思い出していた。
 
 もう一度、目を通してみようと本棚を見渡したが
なかなか見つからない。

 記憶力が落ちてきているのが、はっきりとしてきた。
 加齢によるのであろうか。それとも、認知症?

 やっと探し当てた。
思いもよらないところにしまいこんでいた。

 「ソバ好きがボケない理由」 医学博士 細川俊彦著 

 とくに、脳血管障害などの成人病の予防が大のようだ。

 ソバにはルチンが含まれていることは、よく知られている。
ルチンは毛細血管を強くし、血圧効果もあるという。
脳血管障害を予防することが痴呆症の予防になるというのだ。

 この本の大半は、ソバのポリフェノールの効果を取り上げている。
どうも、ソバのポリフェノールから取り出されるPKC(プロテインキナーゼC)
という物質がアルツハイマー病まで予防する力があるというが
はたしてどうか。

 これが本当ならば、ソバは大したやつだ。

 まあ、そこまで期待しないまでも、ソバをおおいに
食べましょう。

 江戸時代の医学書「本朝食鑑」には、”気を下し、
腸胃の滓穢積滞を寛にす。
水腫、白濁、泄痢、腹痛、上気を治し、
あるいは気盛んにして湿熱あるものによし”と
ソバの効用をうたっている。

 胃腸の働きをよくし、たまった老廃物を
排出する。腹痛、高血圧を治し、高熱、食あたりに効くと要約されよう。

便秘に悩んでいるご婦人方はそばを食べましょう。


 

 

| | コメント (2)

友人のお通夜

昨日、友人T氏のお通夜に出かけた。

私と同じ66歳。早すぎる死であった。病名は「胃がん」

 お棺の中の彼の顔は安らかであったが、「ただただ・・残念!」と

言うほかはない。

 まだまだ、やり残した仕事があったろうに。

 明るく笑って「なー、関さんよー。」と声を掛けて来る

彼はもうこの世にはいない。

 高校卒業後、努力して、30代で機械メーカーの社長になった。

 時代を見る目が鋭く、高度成長期は機械の製造、販売。

 日本が低成長期に入った後は、アパレル業界へと進出し、いくつかの

会社を運営していた。

 交友関係も広い。仕事上の社長さんたち、浅草の某河豚有名店の社長さん、

お医者さん、浅草某有名ホテルの支配人、

昭和の大横綱親方等、挙げれば数かぎりなくある。

 彼との付き合いは長い。30数年前まで遡る。

私をこの高校に来ないかと誘ってくれたのが、

彼の高校時代の担任をしていたS氏であった。

 元校長S氏の紹介で彼と知り合った。

 当時、勤務していたその高校はまだインターハイに

出場できるクラブがなかった。

 私が指導していた水泳部が全国大会に出場した折に

「後輩達が頑張っている。」とS氏から、声がかかり、開催されていたインターハイに

川口市で

応援に駆けつけてくれた。

これが彼との始めての出会いであった。

学校の予算は限られており、必要なものも買えない。

 こんなときは、必ずといっていいほど、

彼にはいろいろとお世話になった。

水泳指導に必要な器具等も寄贈を受けたことも多々あった。

 

 私が家の事情で高校を退職してからも、付き合いは続いていた。

東京に用事があって出向いたときなど、決まって彼に電話をした。

 「夕方には仕事が終わるよ。ホテルのロビーで待っていてよ。」というのが

決まり文句であった。

 そして必ずそのホテルにあるすし屋でご馳走になった。一度も私に

払わせたことがなかった。

 カラオケを歌うと玄人はだしで、村田英雄の無法松の一生が得意。

面倒見のいい親分肌の彼はもういないのだ。              

                      ・・合掌・・

| | コメント (0)

そば猪口と小どんぶりの制作

 
 お客様の中に、趣味で陶芸を7年前から始めている方がいる。
 
 HAGAさん、笠間の陶芸教室で教えてもらったのが、
陶芸をはじめる動機だという。Haga01

 年に数回は笠間に通って、腕を磨いたというだけあって、
なかなか味のある作品を作っている。

 昨年も、そば猪口を作っていただいたことがある。

 趣のあるそば猪口であったので、今回もお願いをしていた。

 「釉薬を掛けるだけになっています一度、体験してみませんか。」と以前から誘われていたのをいいことに、今日の朝、HAGAさん宅を訪問した。

 「自分で、少しでも、手を加えたものであれば、愛着も沸くでしょう。」との心遣いが
うれしい。Haga07

 手びねりされ、素焼きされた器が用意されていた。それに
白い色の釉薬(釉薬の種類を説明されたが覚えていない)が用意されていた。

 「よく攪拌しないとダメですよ。」と見本を示された。

 なにせ、陶芸は初体験。どのようにやるのか皆目見当Haga06がつかない。

 「どぶ付けがいいでしょう。」という。 「釉薬を掛けるまえに、器の表面の粉をぬれたスポンジでふき取ってから。」
 と説明される。
「なるほど、なるほど」。先生のお手本を見ながら、やってみる。
 神経を要する作業である。

 これが終わると、次は、器をどっぷりと白いHaga03 溶液に浸す。素焼きされた茶褐色の器が白く染め上がる。

 「そば猪口などの容器は底のほうがうまく釉薬がかからないので、筆で釉薬を付けてから、どぶ付けをします。」と先生がいわく。

 「なるほど、なるほど」と一人で頷く私。

 つぎに、鴨南用の小どんぶりの釉薬がけ。同じ、白の釉薬を掛けた後に、縁に茶褐色の釉薬を掛ける。Haga05

 この文様が焼きあがったときには、どのように変化するのであろうか。

 「釉薬が流れて文様が出来て、変わりますよ。」といわれて、

 出来上がりが楽しみになった。

 土と釉薬は何を使ったのか知りたくて、お尋ねしたところ、

小どんぶりの方は:土(古信楽陶土と白御影陶土のブレンド)
釉薬(白萩釉、縁は黒天目釉)とのことでした。
 そば猪口と小皿あは:土(笠間陶土と特漉陶土のブレンド)
釉薬(白萩釉)とのこと。
 
 作品の
完成が益々楽しみになりました。

 

 

 


  
 
 

 


 

| | コメント (4)

携帯からの投稿

 

 nifty.comでは、携帯電話などのモバイル機器からメールを送ってブログ記事を投稿することができます。

 この文章を携帯から、投稿、実験しました。

 成功でした。

 パソコンの前に座っていなくても、携帯で写真を撮影たりして、どこでも記事を投稿できるので、この機能なかなか便利ですね。

| | コメント (2)

温かい蕎麦

 昨日、七草粥でした。
 そば屋ですので、七草粥ならぬ、春の七草そば(実際入れたのは写真のような五草です)としゃれました。Nanakusa_5
 春の七草を桜海老と掻き揚げにして、海老を添えての温蕎麦です。

 そばは店には出しておりませんが、この頃凝っている玄を手挽きした田舎風の
太目の蕎麦を使いました。

 これならば、蕎麦が伸びるという心配がありません。掻き揚げは桜海老の香ばしさと
七草の苦味がミックスしてなかなかのものでした。




 食べ終わってかr、すずしろの葉(大根)、すずなの葉(かぶ)を小さく切ってちらすことを考え付きました。
 こうすれば本当の七草そばでしたね。Onsoba

 温蕎麦を何かひとつ店のメニューに加えたいものだと 考えております。

| | コメント (2)

営業開始でーす!

 今年の営業は12日からと決めておりましたが、お得意さんの依頼で6日に、急遽営業を開始することになりました。
 昨年、一昨年と明けて先陣を切って当店を使ってくれている「日立アマチュア無線クラブ」の方々である。
 茨城県アマチュア無線クラブ賀詞交換会がMusen 市内のホテル天地閣で12に、13日に開催される。
 このための打ち合わせを兼ねての新年顔合わせに当店を今年も忘れずに使ってくれた。
 
 ありがたいことである。

 当日朝、蕎麦を挽きながら、今年も美味しい蕎麦を打とうと心を引き締めたしだいである。

 
 

| | コメント (0)

三日とろろと七草粥

 商魂たくましいというか、あるスーパーのチラシに「3日とろろ」言う文字が、目に留まりました。
 しかし、この辺の風習にはありません。どの辺の風習なのかわかりませんが、謂れは本来、正月に食べ続けるおせち料理で疲れた胃を休めるために、正月3日にいただくとろろ汁の事を、「3日とろろ」と呼ぶ地域があるそうです。
 また、三日とろろ を食べると一年間風邪をひかないという健康への祈願も込められているそうです。

 残っていた山芋をこのチラシにつられて、わが家でも始めて「3日とろろ」を食べてみました。

 特段の感想はありませんが、昔から、とろろは消化がよいといわれておりますので、胃には負担が少ないのかもしれません。
 
 そう云えば「七草がゆ」も同じように、おせち料理で疲れた胃腸を休めるために食べるという風習がありますね。邪気が払われ、無病息災でいられるとも言われます。
 この風習は、この辺でも残っております。今日、スーパーを覗きましたところ、もう店頭に並んでおりました。
 都会なら、スーパーで買うということも考えられましが、この辺では、雑草として、七草がありますよ。
 敢えて買わなくてもと思います。しかし、最近は七草を知らない方が増えているのでしょうね。
 七草と言えば、セリ・ナズナ(ぺんぺん草)・ごぎょう(母子草)・ほとけのざ(たびらこ)・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)です。
 とろろ蕎麦は当店のメニューにもありますので、特別に珍しいものではありません。
 「七草そば」はどうでしょうか。
 以前から、一度、この七草を温蕎麦の上に散らして、食べてみたいと考えておりましたので、今年はチャレンジしようと思っております。。
 

| | コメント (3)

初夢

初夢を皆さん見ましたか。Fuji
元旦、2日に、富士山、鷹、茄子の初夢にみると縁起がよく、
よいことがあるとされています。
 一番いい夢は富士の夢。2番目は・・・
「一富士(ふじ)、二鷹(たか)、三茄子(なすび)」といわれております。
 では、なぜ縁起がよいのでしょうか。
 いくつかの説があります。

*富士は、「不死」と同じで長生き。鷹は「高」貴」と読み方が同じで立身出世の意味。
 なすびは実をたくさんつけるので子どもに恵まれる。Taka
 
*富士山は天高くそびえたつ日本一の山。


鷹は鋭いくちばしと爪で運をつかむ。(祖父の鷹の絵 雅号を暁山といいます。そば屋を開業したときに記念に祖父の雅号をいただきました。)
 なすびは物事を「成す」で成功を表すとのこと。
 
 初夢には、七福神の夢を見ると縁起がよいとも言われます。


 今年の年賀状には七福神の絵を使いました。Nenga01

 皆さん、今日もいい夢を見てください。

| | コメント (2)

謹賀新年

 明けましておめでとう御座います。

 皆様はよい新年をお迎えしたと存じます。

 私のところは朝、氏神様に宮水とお酒を供えて新年が始まります。
 7時半からは種殿神社でこの部落の新年会がありましたよ。
 田尻部落の上合と下宿の二部落です。

 みんな顔見知りですが、一堂に会すのは年の初めだけですね。
 元気な顔を見て、安心する。これはいいことですね。

 昔からの仕来りです。続けたいものです。

 一度、家に帰って、妻の作ったお雑煮とおせち料理を戴きました。
 まめに暮らすようにと「黒豆」、子孫繁栄の数の子、昆布、レンコン、こんにゃく、ごぼう、にんじん、椎茸、高野豆腐、筍、里芋、鶏肉等のうま煮、紅白なます、きんぴらごぼう、鮭のいずし、にしん昆布が並びました。
 今年の正月は暮れが忙しかったので、少し手を抜いたとの妻の言い分です。
 妻が心を込めて作った正月料理で、おとそをいっぱい飲む。

 妻に感謝しながらのいい新年を祝いました。
 
 10時からは、神社での歳旦祭でした。
 歳旦祭は、新しい年・月・日を寿ぎ、年神様に感謝し、
 神前に皇室・国家・国民・氏子・崇敬者を言祝ぐ神事です。
 
 これが終わって、家に帰って、TVを見てました。

 いつの間にかうとうとと、「うまく蕎麦が打てない。何度打ってもダメ。焦って、打ったがこれもダメ」こんな夢の見てました。
 
 今年の暁山は前途多難か。

 初夢は美味しいそばが打ててる夢を見たいですね。
 そして、お出でくださるお客様に美味しいと
言っていただけるそばを打ちたいものです。

 今年も頑張りますので、暁山をお忘れなく!

 年賀状が今年もたくさん届きました。
 教え子たちからの年賀状が一番うれしい。
 この子もあの子も元気なのかと年賀を待っていたころははるか昔。子供さんが高校に入学、子供が結婚しましたとの便り。この頃は、孫が生まれましたという。

 うれしいやら、複雑です。
 私は、まだ、孫もいません。

 でも、教え子たちの年に一度の頼りは格別ですね。
 
 

 

| | コメント (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »