« 健康と水泳 | トップページ | 食べものの安心・安全 »

リタイア後の農業の楽しみ

 定年帰農という言葉が言われ始めてから久しい。
 私の周りでも、定年になって、農業を始めた方が何人も見かけるようになってきた。
 
 日立周辺には、わざわざ都会から、農業を始めようと移住してきた方はいないが、笠間市などは、菜園で野菜を作ることに興味ある都会の方に、宿泊つきの施設「クラインガルテン」を用意し、滞在型の菜園を提供している。
 大子町では、都会と田舎を行ったり来たりのキャッチフレーズで「交流居住」を勧めている。

 また、行政とは別に、個人でも農地を借りて、農業を始めている方もいるようになって来た。

 その背景には、先祖から受けついてきた農地を耕して農業を続けるには、高齢化が進み人手がなく続けられない状況がある。
 このような農家の放置農地は、あっという間に、荒れ果ててしまう。

 この辺も然りである。

 従来の農家は、土地に執着があり、貸したがらないが、最近は、それほど執着することがなくなってきている。

 私共も、定年退職して方達から、荒れ果てた農地を見て「貸してほしい。」と頼まれたときは、少し抵抗があったが、放置するよりはと、無料で貸し出した。
 
 今、数人の退職者が農業を楽しんでいる。

 その中の一人にSUGIさんという方がいる。日立製作所に勤めていたころは技術者として活躍していたそうだ。

 その方の農業への取り組みは分析的で、さすが技術者というところが随所に見られて、見事な作物をいつの間にか作っている。
 

 作られた作物を「どうぞ使ってください。」いうので、店で遠慮なく使うことにしている。

 「土は嘘をつかない」という信念があるらしい。冬の間に、落ち葉を漉き込み、有機農法を基本にした土作りに徹している。Sugisawa01
 
 勿論、殆んどの作物は無農薬栽培である。

 竹の根が一杯の荒れた土地が、深く掘り起こされ、きれいに耕され見る見る変わっていく。

 ここは、サトイモを植える予定だそうだ。どんなすばらしいサトイモが出来るのであろうか。
 楽しみである。
 写真は掘り起こした竹の根と開墾された土地の様子。
Sugisawa04 Sugisawa03 
 

 
 

 

 Sugisawa05

|

« 健康と水泳 | トップページ | 食べものの安心・安全 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 土は嘘をつかない。とは
よく言ったものです
 土作りが大切の意味でしょうね。

 私も家庭菜園はやっていますが
なかなかそこまでは出来ません。
 現在、彼に教えてもらっています。

 今日は忙しいので今から仕込みです。

投稿: そばがき | 2008年2月10日 (日) 07時17分

土地は嘘をつかない
そうですよね
わたしもちょっことやっていますから
実感できます
いつも、根気がなく負けています
!!

投稿: あすとろ | 2008年2月 9日 (土) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 健康と水泳 | トップページ | 食べものの安心・安全 »