« 畑仕事と春の恵 | トップページ | 文旦とお客様 »

十割蕎麦

 
 十割蕎麦は暫らく止めていたのであるが、お客様に「十割、以前あったのに、打たないのですか。」と尋ねられ、この機会に、ではと打ち始めた。

 どうせ打つならば、五周年の一環として、三月一杯、十割蕎麦を安く提供しよういう
ことになったのである。
 果たして、お客様は喜んでくれるだろうか。

 そば粉は幌加内の「北村そば製粉」の40メッシュの粉を使った。
 この粉で打った十割蕎麦はうまい。昨年のそば粉より、香りも甘みもよく
私としては、大変満足している粉である。

 打つのにはそれほど難しいかなではないが、加水を少しでも、油断すると
さすがに、十割は手ごわい顔を覗かす。

 今日も、欲張って、歯ざわりと喉越し(喉を通るとき、削ぐような感触)を得ようと少し固めの麺を打とうとしたが、それがいけなかった。

 まとめる時に、ちょっと硬いかなと感じたのであるが、念頭に、歯ざわりと喉越しのことが
あったので、そのまま、延しに入った。

 これがいけなかった。延すにしたがって麺帯の辺が割れだした。何とかだましだまし
延ばして、麺にしたが、今日は冷や汗物であった。

 明日は、もう少し、加水を多くして、微妙なところを調整しよう。

 十割蕎麦の案内はこちらです。

にほんブログ村 グルメブログ

にほんブログ村 そば(蕎麦)・うどん

|

« 畑仕事と春の恵 | トップページ | 文旦とお客様 »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 畑仕事と春の恵 | トップページ | 文旦とお客様 »