« 文旦とお客様 | トップページ | 白もくれんが満開 »

日立市視聴覚センターの紹介

 本日、日立市視聴覚センターの運営委員会が開催された。
 数年前から、運営委員に任命されているが、これといって
活動暦がなく、申し訳がない。せめて、これを機会に、日立市視聴覚センターの
ご紹介をしてみたい。

 日立市視聴覚センターは遡ること、昭和33年度に 「日立市学校教育視聴覚
ライブラリー」が市立中小路 小学校内に誕生したのがきっかけで、基金が集められ
16ミリフィルムなどを購入したのが、始まりとされている。

 昭和37年度 日立市立記念図書館内に「日立市視聴覚ライブラリー」を設置 さらに、昭和49年度には 「日立市視聴覚センター」として独立して、専任職員2名が配置されたのである。

その後、昭和55年に現在の視聴覚センター建設始まり、昭和56年5月1日 視聴覚センター開館したのだという。(日立市視聴覚センターの沿革)

 さて、現在の活動はというと

 1.小中学校や市民を対象とした視聴覚教材の・機材の提供事業。

 2.昭和62年より、実施しているひたち映像コンクールは昨年で
   21回目を迎えた。
 3.映画鑑賞会
   名作映画鑑賞会 子供映画会 出前映画会 等
 4.市民対象のパソコン講座や視聴覚機器の操作講習会
 5.郷土映像制作及びデジタル化事業

  等々、その事業は幅広いのである。

 昨年の事業で、好評を博したのは、
 「ひたち なつかしの名画座」で上映された映画4本
 沓掛時次郎、嵐を呼ぶ男、悪名、人生劇場

 市民対象のパソコン講座だったようです。

 詳しくはこちらです。→日立市視聴覚センター

 さて、今回の定例会での話題を一つ。Bosyu

 平成19年度 文部科学大臣受賞事業
 日立市職業探検少年団 団員募集案内について。

 日立市商工会議所の事業の一つですが、「好奇心や関心の芽を大きく育てましょう」
 のキャッチフレーズで、10探検少年団の募集をいております。

 日立のお住まいの小学5年生以上から中学生までが対象です。
 
 奮って、ご参加のほどを。

にほんブログ村 グルメブログ

にほんブログ村 そば(蕎麦)・うどん

|

« 文旦とお客様 | トップページ | 白もくれんが満開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文旦とお客様 | トップページ | 白もくれんが満開 »