« 夏大根と天おろし | トップページ | 暑くなってきました。冷かけに »

延し台

 本日は5時起床。店が満杯のため、早く起きて、そばを打つためではない。
何度か手直ししている延し台の修正をするためである。

 時間がゆっくりあるとき、作業をすればよいのに、思い立ったらやらずに入られない。
せっかちな性格のためである。

 この延し台の大きさ、横130cm、縦110cmと結構大きいもの。
厚さ3cmヒノキの板を4枚貼り合わせて作られている。作者はここから遠くない
ところに住む建具屋さん。Kanna01

 作りたての頃は、水平であったのだが、時間が経つうちに、反ってきて、蕎麦を打ってみると、厚みを一定にして打てない。

 厚さを一定にするには、台の癖を知ってないと打てない代物になってしまっていた。

 一枚板を繋ぎ合わせて作るときは、反らないように、裏に細工を施してはいるが、木は生き物、時間の経過とともに、ひずみが出てくる。

 この修正を素人がするのは、なかなか難しいものだ。

 一度、建具屋さんい直していただいたのだが、また、ひずみが出てしまった。
 ひずみが出る度に、いちいち頼むのもしんどい。Kanna02

 かんなをかけて、ヤスリで磨く。この繰り返しである。
 今日は朝から蒸し暑く、あっという間に、汗が噴出した。
何とか、修正して、今日のそば打ちに臨んだ。
 そばうちの前に、力を出し切って
しまって、打つときにはへとへと。

 大変な日になってしまった。

 
 

 

|

« 夏大根と天おろし | トップページ | 暑くなってきました。冷かけに »

そば処 暁山」カテゴリの記事

コメント

あすとろさん
 延ばしに使う作業台は合板が狂いなくてよいようです。
 延し台に狂いが生じると作業に影響が出ますし、蕎麦の厚みにも影響が出ます。
 

投稿: そばがき | 2008年7月 6日 (日) 17時35分

それは朝から
お疲れ様でした
でも、考えてみれば
延し台ってとても大事ですね

投稿: あすとろ | 2008年7月 6日 (日) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏大根と天おろし | トップページ | 暑くなってきました。冷かけに »