« 蕎麦の成長 10日目 | トップページ | 朝顔咲く »

野趣あふれる蕎麦

 お盆を境に9月12日までの休暇に入った。

ネットを見てチェックをしてくれるお客様は休みと分かっているので
予約の連絡はしてこないのだが、当日の予約を入れてくれるお客様がいる。

 大半は、地元情報誌を見ての連絡である。

 昨日も今日も、予約の連絡があった。誠に申し訳が無いとおもいます。

 さて、この休みを利用して、自家製粉(玄から挽いた粗挽きそば粉)した蕎麦と
製粉所から取り寄せたそば粉のブレンドの割合で食感(舌触り、歯ざわり、喉越し)が
どのように違うのかを確かめてみた。

 この割合を自家製粉4割、5割、6割と代えて、製粉所のそば粉の割合を5割、4割、
3割と減らしていった。

 5割を越すと、少し舌にざらつき感がでる。本日の蕎麦は、6割自家製粉のもの。

 歯に当たる感じも変わってきてざらつき感に加えて、ムッチリ感があるそばに
仕上がっている。 Cimg3314

 蕎麦を噛むとしっかりとした蕎麦独特の穀物の甘みと香りが口に広がる。

 野趣あふれる蕎麦とはこのような蕎麦なのである。

 福井で蕎麦を思い出し、大根の汁をそば汁より多めに入れて、つけて食べてみた。
これがいける。ピリッと舌に来る大根の辛みが蕎麦の甘みをいっそうひき立てるのだ。

 野趣味あふれる蕎麦と大根の辛みはベストマッチする。

 上品な蕎麦では、こうはいかないであろう。

 野趣味あふれる蕎麦が、私は好きだが、妻に言わせると一般向きではないという。

 確かに、上品でしなやかな、少し細めのそばがお客様には受けるようである。

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

|

« 蕎麦の成長 10日目 | トップページ | 朝顔咲く »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦の成長 10日目 | トップページ | 朝顔咲く »