« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

蕎麦の花 40日目

 そばの花の付き方は、特徴がある。

蕎麦は二十日ちょっとで、花芽が一番先端につく。その花が咲き出しても、蕎麦は成長を続けて、成長は背が高くなるのと脇のほうにも枝が出てその枝の先端にも花芽がつく。Cimg3368

 現在は、成長が止まり、花が一杯咲いてきれいである。そして、受粉の時期を迎えている。

 30日目は50センチであったものが、大きいもので90センチに育った。小さいものでも70センチはある。

 花が咲いてから、雨が多いので虫達が飛ばない。実の付き方が心配なので、時間があるときは、メシベが長い長花柱花とメシベ短い短花柱花の花を手でこすり合わせるて受粉を手助けしている。Cimg3372

 全体にやろうとすると大変なので適当にやっている。(写真は上手く受粉して実になったものと受粉が出来ないで萎びた蕎麦の花)

| | コメント (4)

粗挽き粉のそばがき

 先週金曜日から、丸抜きを石臼で製粉して、無篩るいの粗挽き粉を使った

蕎麦がきを出し始めた。 Cimg3367_2

 メニューにも載せていないので、お客様は、わからないのだろう。蕎麦が大好きという

遠方からきたお客様に勧めてみた。

 「ぜひ食べてみたい!。」といわれたので、お出しすることにした。

「新そばですか?。香りますね。美味い!。」といわれたので一安心。

 この写真が、無篩るいの蕎麦がきです。如何でしょうか。

 昨夜、この蕎麦がきで一杯。酒は宮城の新澤醸造が醸す「愛宕の松 本醸造酒」

これがまたぴったりと合うのだ。Cimg3362

 原料米 山田錦 精米度 60% アルコール度 15.9% 日本酒度 +5.0 酸度 1.8

 上立ち香はほんのりと甘く匂うが、口に含むと旨みを感じ、後味はすっきり。

なんとも幸せな気分に浸った。

 

| | コメント (6)

同じ新そばでも

 北海道幌加内産の新そばが先週から入荷した。

 先週は40メッシュの中粗挽き粉。この粉に、ひたち秋蕎麦の玄を3割挽きこんで

打った。麺帯の生地が少し粗かったのが気になったが、濃厚なつながりのよいおいしい蕎麦が出来上がった。

 「美味しいね。もう一枚!」と追加してくれたお客様も昨日はいた。

 今日は、欲張って、更に、透明な滑らかな喉越しの蕎麦を打とうと、品種は同じであるが、50メッシュと少し細粉の粉を使って、同じ割合で打ってみた。

 打っている途中で、昨日打ったときよりは、香りが弱いようにと感じた。

 弾力あるプリンとしていて越のある蕎麦に仕上がったのだが、蕎麦らしい濃厚さが

出なかった。

 少し欲張りすぎたようである。イメージ通りにいかなかったのが残念。

 「美味しいと思ったら、それでいけばいいのよ。」と妻がよく言う言葉である。

 私はもっとおいしい蕎麦が出来るのではないかと、直ぐに欲が出る。

 それで成功する時もあるのだが、失敗の方が多いのかもしれない。

 今日来たお客様が、店の周りに咲く白い蕎麦の花にびっくりしていた様だ。

 Cimg3360 取れる量は少しだろうと思うが、この蕎麦が実ったら、お客様に提供しようと思う。

 

| | コメント (10)

本日休業

 本日はお休みをしました。

町内の葬儀の打ち合わせが午前中一杯かかり、営業を中止しました。

 親しくしている町内の方が亡くなることは、寂しいものですね。

 蕎麦を蒔いて本日、ちょうど一ヶ月経ちました。Cimg3356

 真っ白い蕎麦の花盛りです。そばの花は一気に咲くことは無く、上のほうから咲き始め、脇の枝に出た花芽が次に咲き出す。だらだらと咲くので、実の付き方がばらばらで
刈り取る時期が難しい。

 昨日、今日と小雨まじりの天候。

花粉を運ぶ役目をする虫達の姿が少ない。晴れることをねがっているのだが

明日は台風が関東地方を通過するという。虫達の集まりが悪くなり受粉に影響を

あたえなければよいのだが・・・・。





Cimg3357

| | コメント (2)

蕎麦粥

 15日は月曜日なので、休みのはずでした。

 でもー・・・。その前日 

 「明日、法事の後に、食事をとおもい電話しました。お引け受けできないでしょうか。」

 聞けば、ご近所も方で丁寧な内容、相談の電話がありました。

 法事の相談は、以前にもありましたので、引け受けることに。

 「お蕎麦を頂く前に、何か簡単な一品食べるものはないのでしょうか。」といわれたので

 蕎麦粥を作ることにしました。

蕎麦粥の一般的な作り方は、白米と丸抜きは一緒にといで20分程水につけておき
水を米と蕎麦を合わせた量の5倍程入れ、普通に御粥を炊くように弱火でたきあげる。
さらに、好みで塩を少々入れる。
 というものです。

 今回は、丸抜きそば100%で作りました。出汁は昆布だし。塩で味付けです。

 そば100%ですと、ぬるっとした食感があります。昆布だしを使ったこともぬるっと
した元になったのかもしてませんが。

 「これ、ヌカゴが入っていますか。」とのお尋ねがありましたので

「いいえ、入っていませんよ。蕎麦だけだとこのような食感になります。」と

答えました。
 「初めての食感ね。美味しい。」といってくれたので、まずは一安心。

 挨拶されて判ったのですが、お客様の中に、私の小中学校のときの同級生がおりました。

 相談の電話を下さった方は、鎌倉に住んでいる同級生のお嬢さんでした。
 ネットでホームページを見たそうです。
 
 地元の方より、遠方の方のほうが、ネットで検索して、店を見つけているようです。
 法事が縁で、また人の繋がりが出来ました。
 
  忘れないでいてくれたクラスメイトに感謝です。  ありがたいものですね。

 

 

| | コメント (4)

新そばの季節なのでしょうか。

 今日朝までの予約は、二組でした。
 それもいずれも1時過ぎの予約。

 ゆっくり打とうと思っている最中に、るるるる・・・と電話のベル。

 「今日は予約ダメでしょうか?」と二組のお客様で問い合わせ。

 いずれも、遠方の方。

  ホームページを見て、新そばを食べたいと思ったのでしょうか。

 Cimg3352 なんともうれしい問い合わせでしCimg3351 た。結局、今日も満杯になってしまいました。

 さて、一昨日から、店の裏の雑草が生い茂る凸凹した空き地を均す
仕事を近所の方にお願いした。

 人間の手では、とてもこうはいかない。ユニックでは二日で終わった。Cimg3353 Cimg3354
 (右の写真の建物は見せの裏側を撮ったもの)

| | コメント (0)

本日より営業開始です

 お盆から、昨日まで夏休みを取らせて頂きました。

 休み中は、暑いので遠出もせずに、家の中でごろごろとしておりました。

 ビールの飲みすぎと水分の取りすぎで、体重が3キロアップでメタボ。夏は良いことが

ありません。

 さて、幌加内の北村そば製粉の新そば粉が届いたので、本日から営業の

再開です。

 初日ですので、それほど期待はしていなかったのですが、ホームページで

チェックしていたお客様から予約が入り、満員となってしまいました。

 お断りしたお客様もいた始末です。

 「新そば食べたかったのにー1・・・」。

 「申し訳が無いですー・・・・。」

 明日はどうでしょうか。

| | コメント (2)

今日は草刈ですー!

 日中は、暑かったので、少し涼しい風が吹く午後3時ごろに
店の裏の草刈をしておりました。Cimg3346

 とにかく、草の伸びるのはあっという間です。半月放っておくと
見事に伸びております。

 この空き地、少し地面が高くなっておりますので、明日から、ユニックで
均す作業です。面積はそれほどありませんが、そのままで草ぼうぼうに

Cimg3347
なってしまいますので、ならして蕎麦を蒔くようにと思案中です。

Cimg3348

| | コメント (0)

そばの花芽がつく

 3日前からそばの茎の先端に、白いそばの花芽がついた。Cimg3338
 (写真は朝のそばの花芽の状態)

 そばの花が咲くのは、二十日前後というが、その通りになった。

 もう少しで、真っ白な花が見られるであろう。

 




茎の長さは、50センチまでに成長していた。Cimg3339

 朝顔が、店に通ずる道沿いに咲き出している。

 店の前には、シュウカイドウの花が風情をかもし出している。
Cimg3342
 いずれも今日の朝の風景
 
Cimg3340

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ


 

 

| | コメント (7)

食品の汚染

 最近買って読んでいる本に「食品の裏側」という題名の本がある。
 添加物に関しての本である。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 Book 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

著者:安部 司
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 毒ではないが、添加物を食べ続けると、本当の味がわからなくなったり、
舌が崩壊するという。「なるほど、なるほど、それにしても少し怖い話だなー。」と
読んでいた矢先に、三笠フーズのニュースが流れた。

 大阪市にある「三笠フーズ」が、発がん性のあるカビ毒や残留農薬に汚染された工業用の「事故米」を正規米に混ぜて転売していたという。

 添加物レベルの話ではない。

 食品の産地偽装など食の安全に対する国民の不信感はつのるばかりであったが、

今回の事件は、最悪の事件だ!。

 転売された汚染米は米焼酎や食料米として使われているという。

 なんとも恐ろしい話である。

 業者は利益を確保するためといっている。世の中が、金を中心に動いている。
日本の商道は地に落ちてしまったのであろうか。

 

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (0)

蕎麦の成長 半月目

 8月19日に蕎麦の種を蒔いた。Cimg3331 Cimg3332

今日で、半月経った。なんと、30センチに成長していた。

  Cimg3333 前回の写真と比較してみてほしい。

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (4)

烏骨鶏 その後

 鵜骨鶏と書くのがが正しいと勘違いしていしていた。Cimg3327

正しくは、「烏骨鶏」・・からすのほねのにわとり・・と書くのが正しいという。

 飼って判ったことがあります。うこっけいは、卵をあまり産みません。1ヶ月に、
8個くらい続けて産みますが、産み終わると、すぐに卵があっても、なくても
抱えにはいります。習性なのでしょうか。

 20日間くらい抱えています。無いのに抱えているのを見ると可愛そうにもなりますね。

 さて、4月に生まれたウコッケイは雄が二羽、と雌が3羽でした。雄1、雌4が理想だったのですが、こればかりは思うようにいきませんね。

 最近は、朝早く、「コケコッコウー」と元気に鳴いております。最初の頃は、雄も雌も
「ピヨピヨ」だったのですが、7月終り頃から、雄が変な泣き声に変わり始めてきました。

 「ゴゲッ」とか「コゲッコ」とか。上手く鳴くことが出来ませんでしたが、8月中ごろからは、2羽とも上手く鳴いております。

 最近は、雄同士でけんかをしたり、雌が嫌がるのに上に乗ったりするようになりました。

 スーパーなどでは、ウコッケイの卵は数を産まないという貴重さと、その栄養価値が高いというところから、価格も高め設定です。
 中国では昔からの薬膳には欠かすことができないもので、特に女性には重宝されていたようです。

 卵を産むようになるのは、いつごろか判りませんが、産めば、とろろそばに使ってみようと思っております。
 また一つ楽しみが増えましたCimg3329

 おまけの写真・・今朝、蕎麦の葉に
とまっている何とかという蝶シジミです。

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (2)

朝顔咲く

 やっとと言おうか。Cimg3321

 「咲かないね。」と妻が言う朝顔が、今朝、花がひらいた。

 

 「遅咲きなんだー。」と私。

 ひまわりに絡みついた朝顔である。





 今朝のそばの状態はと見ると
 もうハート型の本葉が立派に育っていた。Cimg3323





 

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (4)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »