« ウコッケイの初卵 | トップページ | 秋深し 柿実る »

卒業50周年クラス会

 先週、2年ぶりのクラス会に出席した。

「いやー久し振り。何年ぶりかねー。」と挨拶するクラス仲間もいたが、大半の出席メンバーは顔見知りの者だけになってしまった。

 日立まで宿泊先のマイクロバスが迎えに来てくれた。道すがら、恩師との話が弾んだ。
「どこのそば粉を使っているのですか。」と恩師。「北海道産のきたわせとひたち秋そばです。」と答える。

 「お店を続けるのは大変でしょう。口コミで評判を取るといいですね。」と恩師。 「無理せずに、マイペースでやっていますから。」と私。
 大正15年生まれ、82歳という高齢でもかくしゃくとしている。

 棚倉街道を車が走るなかで、しばし蕎麦の話が続いた。Cimg3426
 
 恩師の学生時代に話が及ぶ。昭和19年の晩秋、軍事訓練の折、この里美から大子を抜けて一泊し、田舎の人達に手厚く持て成された話を聞かせてくれた。

 そうこうしているうちに、宿舎の「湯遊らんど はなわ」 に到着した。

 夜の宴会に花が咲く。

 「卒業して50年目ですね。」との幹事の挨拶に、出席者全員が「えっ! もうそんなに経ったの?。」とびっくり。

 朝起きると、雨。 帰りは益々激しくなる。「折角来たのだから、帰りは袋田の滝を見学しましょう。」と幹事が同意を求めるように言う。Cimg3430

 ちょっとこの雨では?と思っていた私も、「そうですね。雨も一興でしょう。」と恩師の一言で、見学をすることになった。

 このときの、滝の形相というか様子がすごかった。悪天候でなければ、決して見れない情景である。
 「筆舌に尽くしがたいですね。」と恩師が言う。本当にそうだ。すごいの一言。

 秋の紅葉を見ることは出来なかったが、この光景は忘れることが無いだろう。

 卒業50周年の思い出になった。

|

« ウコッケイの初卵 | トップページ | 秋深し 柿実る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

KOUJINさん
 お久し振りですね。お元気でしょうか。
 この日の袋田の滝はすごいの一言でした。
 滝の荒々しさに圧倒されましたよ。

 ブログ楽しみにしてます。

投稿: そばがき | 2008年10月30日 (木) 07時54分

ここ近年のゲリラ雷雨?だと、袋田の滝もこういう表情を見せるのですね~(@@)オドロキ。

投稿: KOUJINN(旅人/充電中) | 2008年10月30日 (木) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウコッケイの初卵 | トップページ | 秋深し 柿実る »