« ウコッケイの小屋増築 | トップページ | ドライブ日和 懐かしいお客様 »

禅味蕎麦 宮本

 ちょっと迷って、宮本に着いた。

たて屋左に入り口がある。暖簾をくぐると、歩いてきて少し汗ばんだ体に、ひんやりとした空気が気持ち良く感じる。

 入ってすぐ土間になっている。昔の民家を思わして、懐かしい雰囲気を醸し出している。入って直ぐに、女将さんに「どうぞこちらへ。」との案内に従って、左手奥の間に通される。

 こちらの部屋も、太い曲がった梁などで天井が支えられており、古民家の作りに感心させられる。

 量が少ないと聞いていたので、失礼かとは思ったが「お蕎麦の量は?。」と尋ねる。女将さん曰く。「三枚くらいは、すっと。」

 まずは、せいろを一枚と汁なしで追加を一枚をお願いした。量は確かに少ないが、盛られた蕎麦は細く瑞々しく美しい。

 池の端藪で修行した兄弟弟子の竹やぶ阿部氏の言葉を思い出した。「盛り付けは、三箸半。」箸でつまんで、三回半で食べる。そばがおやつの時代の話かと思っていたが、ここ宮本ではこの流儀に従っていた。

 蕎麦二枚をあっという間に、平らげて、今度は、手挽きの田舎を頼んだ。この日はそれほど込んでいなかったので、直ぐにそばが出てきた。

 笊に、すっと盛られた姿がなんともいえない。せいろと同じく細打ちで、玄から丁寧に挽いたのであろうそば殻が浮かぶ見事な蕎麦である。

 これほどの蕎麦を見たことが無い。太野祺郎著「蕎麦の薀蓄」に蕎麦の禅味、俳味の話が載っていたが、まさしくこれだ。

 料理は舌で味わうだけでなく、盛り付けや色そして器など、見ても味わう。この建物の醸す雰囲気にひったりのそばであった。

 そばとは単純なのもである。そば粉に加水をし、練って、板状になったものを切る。この単純な蕎麦に、これほどまでの思いが込められているとは。

 頭が下がった。

 もう一つの驚きは、そばつゆである。江戸前の辛口。これが藪系の汁。浅草 並木にしても上野藪、池の端いずれも、辛口である。

 宮本の汁はこのいずれとも違う。もちろん、鰹節出汁の臭さや醤油臭さは微塵も無い。

 この汁に、田舎をほんのちょっとつけて、手繰るとなんともいえないものだ。私なども、そばの香りを気にする一人であるが、この蕎麦を食べるとそんな意識はどこかに行ってしまう。それほど完成度が高い。

 蕎麦湯を注いで飲むとよくわかる。宮本の蕎麦湯は澄んでいる。最近は、どろっとした蕎麦湯が好まれるようだが、これでは、本当の汁のよしあしはわからない。

 蕎麦を茹で上げた湯をそのまま用いるのが宮本のやり方であった。

 宮本は店内撮影が禁止であったのが、支払いをするときに判った。「蕎麦の写真を撮ってしまいました。」というと、「今度だけということで。」とにこっと笑った女将さんに、頭を下げて帰途についた。

 このブログを書きながら、もう一度尋ねていこう。できれは、一度宮本氏の蕎麦に関する思いなどを聞きたいと思う。

|

« ウコッケイの小屋増築 | トップページ | ドライブ日和 懐かしいお客様 »

そば屋さん紹介」カテゴリの記事

コメント

そば箸さん
 上野藪は砂糖をなじませる程度の火入れしますか。
 いろいろな作り方があるのでしょうね。
 因みに、私は本返しです。

投稿: そばがき | 2008年10月18日 (土) 19時19分

そうですねぇ、きっと生返しですね。

ただ生返しには一切火入れをしないのが普通ですが
上野藪は15パーセントくらいは火にかけてから
醤油に戻すことをしているのだそうですよ。
それはお砂糖を馴染ませる為なんだって。半返し?(笑)

投稿: そば箸 | 2008年10月18日 (土) 18時44分

そば箸さん
 藪系のそばつゆは生返しですので、たぶんそうでしょうね。
 ご主人と会って話したわけではないので、確かなことは言えませんが。

投稿: そばがき | 2008年10月17日 (金) 20時35分

すごい!3箸半のお蕎麦屋さん。
それだけの喜びがありそうですね。それがよく伝わりました。
つゆは生返しなのでしょうか、喉がなります。

玄蕎麦から挽くと殻を細かくするの大変ですね。

投稿: そば箸 | 2008年10月17日 (金) 07時15分

夢八さん
 期待していた以上でした。蕎麦といい、そば汁といいすごいの一言です。
 もう一度尋ねて、宮本氏の蕎麦に対する想いなどを聞きたいものです。

投稿: そばがき | 2008年10月16日 (木) 09時07分

よい蕎麦屋さんに行かれましたね。

蕎麦の風雅は、蕎麦屋全体の考え方が
あるから、できるのでしょうか。
蕎麦の量や、美味しさももちろんですが、
蕎麦の何を表現するかにあるのでしょうが、
それが感じられたのは、またよかったですね。

僕も一度行きたいものです。

投稿: 夢八 | 2008年10月16日 (木) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウコッケイの小屋増築 | トップページ | ドライブ日和 懐かしいお客様 »