« 風塵雷神屏風 IN 東京国立博物館 | トップページ | 落花生の収穫 »

蕎麦の刈り取り

 昨日、蕎麦の刈り取り作業をした。刈り取り作業といっても、今回は、変わった方法を取った。それぞれの蕎麦の茎は実の入り方の時期が違うことは、以前書いた通りである。

 おなじ茎につけた実であっても、受粉時期でも違う。実の熟し方が米やその他の穀物と決定的に違うのである。

 いっきに刈り取らずに、未塾なものを残して、 熟したものから一本ずつ、鋏で切ったのだ。こんなことは初めての経験である。Cimg3470

 少ないから出来る方法である。未塾なものはもう少しあとに刈り取ろうと思う。こうすることによって、品質は一定になると考えてのことであるが・・・果たしてどうか?。

 店の周りに蒔いた蕎麦なので多くはない。せいぜい3升も取れればよいだろう。
それくらい少ない。

Cimg3467

 

|

« 風塵雷神屏風 IN 東京国立博物館 | トップページ | 落花生の収穫 »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

そば箸さん
 ひたち秋蕎麦の種を取る程度しか蒔いておりませんので、貴重な蕎麦です。
 時間がありましたら、食べにきてください。

投稿: そばがき | 2008年11月 5日 (水) 07時07分

すてき。自家製のお蕎麦。
本当に3割から4割も甘皮だから悲しいかな
すごく少なくなっちゃいますよね。
貴重な貴重な蕎麦麦ですね。

投稿: そば箸 | 2008年11月 5日 (水) 00時03分

ねこやしきさん
 最近は、私達の周りでも見られなくなってしまいました。
 自給自足の生活形態が無くなりつつあります。
 これは店の前の写真です。

投稿: そばがき | 2008年11月 1日 (土) 07時29分

縁側に収穫した農作物。ああ何と懐かしい日本の原風景でしょうか。と書いてしまうと、都会暮らしが長いのがばれますかね。これが普通だったのに、周囲で見ないものだから、何だか懐かしく思えてしまいました。

おいしいお蕎麦ができますように!

投稿: ねこやしき | 2008年10月31日 (金) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風塵雷神屏風 IN 東京国立博物館 | トップページ | 落花生の収穫 »