« 日立アマチュア無線クラブの新年会 | トップページ | 酒作りは米作り »

人の好みとは 開運と惣誉

開運 祝酒 特別本醸造酒 掛川市 土井酒造場  Kaiun
 静岡の酒を代表する酒の一つ「開運」。最近は磯自慢に押されて、全国的なレベルから見ると、少し影が薄苦なったが、間違いなく銘酒である。
 酒があまり好きでない妻が一番気に入っている酒である。
 私はどちらかと言うと、舌にピリッとくる辛口の酒を好むが、妻はフワーッとくる口当たりのよい酒が好みだ。
 まさに開運はやさしい香りと口当たりでいやみが無い。価格が2000円を切る本醸造酒の中でも、香りと味のバランスのよさでは特記物であろう。
 さすがに、名杜氏の波瀬正吉氏の作品である。
 静岡酵母 山田錦
 アルコール度数:15.9度
 甘辛:+7  酸度 1.3

惣誉 醸造酒 栃木 惣誉酒造
 こちらは、開運より、やや酸が勝っており、穏やかな熟成香がある。兵庫県産の山田錦を使用している。
 酒米の最高峰と言われる山田錦の使用量は、全国でもトップクラスと言われる。Cimg3572
 さばの干物を焼いて肴にしたが、余分な脂を流してくれて、美味しく飲めた。妻は開運、私は惣誉に軍配を上げた。
協会7号系酵母 山田錦
 アルコール度数:15度
 甘辛:+3  酸度 1.5

 蕎麦も若草のような香りの新そばを好む方、熟成した穀物の香りを好む方と、人それぞれで好む方向が違う。
 酒の然りで、どの酒がうまいとは一概には言えないのである。

|

« 日立アマチュア無線クラブの新年会 | トップページ | 酒作りは米作り »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

ねこやしきさん
 人の好みというか、嗜好は人によって違い面白いものですね。
 

投稿: そばがき | 2009年1月16日 (金) 07時18分

そばがきさん、こんにちは。何だか惚れ惚れする記事です。

投稿: ねこやしき | 2009年1月15日 (木) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日立アマチュア無線クラブの新年会 | トップページ | 酒作りは米作り »