« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

日立市も定額給付金の案内が

 日立市もようやく定額給付金の支給申請が始まりました。

 私のところにも一昨日、届きました。「2兆円の無駄遣いじゃなーい!」私なども他に幾らでも使い道が有ると思っておりましたが、いざ支給申請が始まると、ニコニコ顔になって「旅行にでも行こうか。」と妻と相談しております。

 周りの方の評判も思いのほか良好なようですが・・・。

 みなさんは定額給付金どのようにお使いになるのでしょうか?

 日立などはバブル崩壊後すっかり元気がなくなってしまいました。

 日立市は4月1日より桜祭りです。桜を囲んで、飲んだり食べたりと、思い切って飲食代に使っていただくと、飲食業を営んでいる方たちも元気が出ますし、街の活性化にもつながるように思うのですが・・・。

 まあー これは私の希望。

 余談ですが、日立市のホームページがリニューアルいたしました。情報のタイムリーな配信も市の職員の手で行われております。

 行政も市民も一体となって、かっての元気さを取り戻したいですね。


 

| | コメント (0)

蕗味噌とそば前

 いよいよフキノトウも終わりに近づいてきた。Cimg3686_2

 裏山の土手で取ったフキノトウを、昨夜、蕗味噌にした。

 蕗味噌作りのポイントは蕗の香りと苦味を落とさないことである。

 よく水洗いしたフキノトウをまずさっと茹でる。すばやく水を絞って、細かく切る。

 お魚のなめろうを作るように包丁で叩きながら細かく細かく。Cimg3688

 これをサラダ油でさっと炒め、適量の味噌と味醂、砂糖を加えて練り上げる。

 これで完成であるが、簡単のようで、香りと苦味を逃がさないように作るには 工夫がいる。

 さて、この蕗味噌はそば前にぴったりと合う。

 どんな酒にも合いそうであるが、自己主張するような酒は避けるべきである。

 なぜかと言うと、蕗味噌は香りと苦味が信条だからである。これとバッテングするような
酒はいただけない。

 偶然なのだが、たまたま福島のあまり知られていない「花泉 純米酒」が手に入った。
これが、珍しく殆んど自己主張をしない酒なのだ。Cimg3689

 冷で飲んだときは、それほど特徴がなく、買ったのが失敗かと思ったものだ。
ためしに燗をつけてみた。これが、大化けした。

 まず、燗特有のツーンとした鼻につくものがない。舌に絡まず、すっきりとした辛味とほのかなほのかな酸味が舌に伝わる。初めての感覚にこれは素晴らしいとうなった。

 自己主張せずに食べ物をこれほどまでに引き立てる酒は始めてである。

  この酒蔵はどんな思いで酒作りをしているのであろうか。杜氏に会いたいと思った。

 

 

| | コメント (4)

蕎麦湯の効用

 茨城県は今週はじめより、暖かい日が続いた。

 暖かく気持ちいい日は、やっと春が来たとうきうきした気持ちになるものである。

 外に出る機会も多くなるものだ。

 春の暖かさに誘われて、当店も県外のお客様がボツボツ来るようになってきた。

 遠方のお客様は、概してそばに拘っている方が多い。昨日の方も、そばをズズーと手繰りながら美味しそうな音を出して食べていた。

 タイミングを見計らって、蕎麦湯をお出しした。

 これを注ぎながら、また美味しそうに飲み干す。そば屋にとってはうれしい瞬間である。

 「有難うございました。」とお客様を送って、容器を下げにかかる。このとき、今日の蕎麦ので出来が評価されたかどうかが分かる。

 まず綺麗に蕎麦が平らげられているか。細かい食べ残しがないか。食べ残しは、お客様の無作法ではない。

 経験から言うと、つながりが悪く、切れが多い蕎麦はどうしても、細かい食べ残しが簾についている。

 そば屋にとっては反省される材料になる。

 次に蕎麦湯、綺麗になくなっていると気持ちがいいものである。

 さて、蕎麦湯の効用であるが、蕎麦っ食いの皆さんは周知の事実であろう。

 まず、蕎麦湯に溶け出して養分には、成人病を予防するルチンが多く含まれていること。

 このルチンは毛細血管を強くし、血圧降下の働きをして、成人病の中の高血圧を予防すると言う。

 ルチンは水溶性で水に溶けやすい。そば湯にはルチンが一杯溶け出しているのだ。

 ただ、体によいとむやみに蕎麦湯をそば汁に注ぎ込んで飲むのはどうか。そば汁には塩分が多い。

 この辺を知って飲むのが、血圧の高い方が注意しなければいけないであろう。そういう私も、血圧が高い。

 美味しいそば汁にそば湯を注いで「美味しい、美味しい!。」と何杯も飲むことは注意している。

 また、そば粉には良質なタンパク質が小麦や白米と比較しても多く含まれている。さらに、人間の体内では合成出来ない必須アミノ酸が含まれており、理想的な栄養バランスを持つ食べ物と言える。

 必須アミノ酸はリジン、トリプトファン、メチオニンスレオニン等といわれている。(参考文献 ソバ好きがボケない理由 細川俊彦著)

| | コメント (0)

木の伐採作業

 昨日は竹の伐採。今日は、椎の木と桐の木を伐採した。

 桐の木には、祠があり、昨年夏、スズメバチが巣を作っていて、畑で作業をしていた方が仕事に支障をきたしたので、今年もあっては大変と切り倒すことにした。Cimg3683_2

 近くにある椎の木も、畑を日陰にするのでと、この際、伐採することにした。いずれも、大きく育っていたので、チェンソーで切ったのだが、一日掛かりとなってしまった。

Cimg3680

 この木は、位置的には店の裏手の山にあり、見晴らし、ロケーションともよいところである。
 遠方には太平洋が望める。

 ここに店を移転できれば、位置的には絶好である。こんなことを思いながら、一日中作業をしていた。

Cimg3685

| | コメント (2)

鶯 初鳴き

 今日は、風、雨とも強い日であった。

 予約のお客さんも少なく早々と店じまいした。

 後始末が終わり、店から母屋に行く途中で、今年初めて、鶯の初鳴きを聞いた。

 春を待ちに待っていたように、「ホーホケキョ! ケキョ!ケキョ!」とCimg3676

 まだおぼつか無い鳴き声に、なんとも言えない感情がわきあがってきた。

 この辺では、鶯の鳴き声は、夏まで楽しめる。

| | コメント (0)

梅も終わりに、次は桜かな

  水戸の梅祭りも、終わりに近づいております。Cimg3661

 母屋の前の紅白の梅も盛りが過ぎてさびしそうです。

 早咲きの桜が咲き出しました。まだ、小さい木なのでこちらもなんともさびしそう。

 

あでやかに咲く4月のソメイヨシノのようにはいきません。Cimg3675

| | コメント (0)

蕎麦湯について 2

 そば猪口に残った蕎麦汁に蕎麦湯を注ぎゆっくりと飲み干す。蕎麦好きには、なんとも言われぬ至福のときである。

 何時頃からこのように蕎麦湯を飲むようになったのであろうか。

 元禄10年に出版されている本朝食鑑にそば湯の記載があるので、元禄時代ということになる。

 その頃は、現在のように

蕎麦湯の中に、ルチンなどが溶け出しているとついぞ知らなかったろうが、経験上その効用は知っていたのかもしれない。

 蕎麦湯を入れる容器であるが、一般には、湯桶と言われ、角型の塗り物である。当店は陶器を使用している。

 どちらを使うかは、そば屋の好みの問題である。

 さて、蕎麦湯を注ぎ飲むときに、そば汁のよしあしが分かる。そば汁が薄く延ばされてもそば汁の本来の旨みが消えないのが、力のあるしっかりとしたそば汁なのである。

 蕎麦湯を注いで、鮮烈な印象があったそば屋は「島田の藪宮本」である。ここのそば汁は、旨みが消えないどころか、口中に旨みが広がるのである。
 これは驚きと言っていい。

 私もこのそば汁を目指そうと、チャレンジしているが、まだまだである。

 そばは美味しいそばを打つだけでは完成しない。納得できるそば汁が仕上がったときに完成すると心に誓って日々精進している。
にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (6)

蕎麦湯について 1

 昨日、私のブログを見ていたそうです。蕎麦っ食いの方が、気になったのでと訪ねてまいりました。

 薬味のことです。山葵は蕎麦の上に乗せてから、手繰るのではなく、そばを食べている途中で、箸につけてなめて口直し、また蕎麦を手繰るのがご定法ではとのアドバイスでした。

 確かに、それが正しいのかもしれませんが、蕎麦の上に乗せて、蕎麦と一緒に手繰りこむほうが、山葵とそばの風味を同時に引き出せて、このほうが、よろしいのではと、私流の意見を申しました。

 納得してくれたか定かではありません。皆さんはどのようにして薬味を使っておられるのでしょうか。

 そばを食べ終わったら、残ったソバ汁に蕎麦湯を注ぎ飲み干す。蕎麦っ食いには、なんとも言われぬ至福の一時ですね。

 蕎麦湯には、ルチンが流れ込んでいると言われております。この辺のことは、次回で・・・・。

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (2)

春の雪

 一昨日、確定申告に行ってきましたが、転機ミスがあり訂正。
昨日無事に、確定申告を終えました。
 ほっとしているところです。

 昨夜は、全国的にも雪模様で、日立も雪でした。

ちょっと雪化粧をした店の写真です。

 Harunoyuki

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (2)

蕎麦を手繰る 7

 そばを食べるとき、お客様の薬味の使い方は、各自各様です。

 よく見ていると、ネギ、山葵、大根と別々に使う方は少ないようです。私も、若い頃は
全部入れてしまってから、蕎麦をつけて手繰っておりました。
 

 ネギは「瘴気を防ぐ」と言われて、薬味に使われています。
最初から、薬味のネギは入れても構えません。勿論、ネギは輪切りにして、水に入れて箸で突きながら、バラバラにしたものを使います。

 ほんの少し水に晒したほうが、ネギ特有の臭みが抜けて、そばの香りを邪魔しません。
物の本には、晒さないほうがよいと書いてありますが、私のところは水の中で解しております。

 さて、山葵はどう使うのでしょうか。お客様の大半は、やはり、そば汁のなかに入れて使っておりますが・・・。

 正解は、蕎麦の上にのせて、蕎麦と一緒に手繰りこみます。こうすることによって、山葵の辛味と香り、そばの香りと甘みを同時に感じ取ります。
 今まで、そば汁に山葵を入れて、食べていた方、ぜひ、一度この方法で、そばを手繰ってみてください。

 新鮮なものを感じますよ。 勿論、山葵は本山葵で!。

 最後に大根は、どうでしょうか。そばを食べ終わってから、私は、そば湯を注いで、その中に辛み大根をいれて、飲むのが好きです。
 そばを食べるときの薬味には使いません。

 私は、蕎麦を手繰るとき、いっさい薬味を使いません。蕎麦の風味が分からなくなるからです。
 これは、私流です。

 参考にしていただければ幸いです。

にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »