« 蕎麦湯の効用 | トップページ | 日立市も定額給付金の案内が »

蕗味噌とそば前

 いよいよフキノトウも終わりに近づいてきた。Cimg3686_2

 裏山の土手で取ったフキノトウを、昨夜、蕗味噌にした。

 蕗味噌作りのポイントは蕗の香りと苦味を落とさないことである。

 よく水洗いしたフキノトウをまずさっと茹でる。すばやく水を絞って、細かく切る。

 お魚のなめろうを作るように包丁で叩きながら細かく細かく。Cimg3688

 これをサラダ油でさっと炒め、適量の味噌と味醂、砂糖を加えて練り上げる。

 これで完成であるが、簡単のようで、香りと苦味を逃がさないように作るには 工夫がいる。

 さて、この蕗味噌はそば前にぴったりと合う。

 どんな酒にも合いそうであるが、自己主張するような酒は避けるべきである。

 なぜかと言うと、蕗味噌は香りと苦味が信条だからである。これとバッテングするような
酒はいただけない。

 偶然なのだが、たまたま福島のあまり知られていない「花泉 純米酒」が手に入った。
これが、珍しく殆んど自己主張をしない酒なのだ。Cimg3689

 冷で飲んだときは、それほど特徴がなく、買ったのが失敗かと思ったものだ。
ためしに燗をつけてみた。これが、大化けした。

 まず、燗特有のツーンとした鼻につくものがない。舌に絡まず、すっきりとした辛味とほのかなほのかな酸味が舌に伝わる。初めての感覚にこれは素晴らしいとうなった。

 自己主張せずに食べ物をこれほどまでに引き立てる酒は始めてである。

  この酒蔵はどんな思いで酒作りをしているのであろうか。杜氏に会いたいと思った。

 

 

|

« 蕎麦湯の効用 | トップページ | 日立市も定額給付金の案内が »

蕎麦前」カテゴリの記事

コメント

 ねこやしきさん
 94歳の義母に会うために、妻の実家に行っておりましたので、ご返事が遅れてしまいました。
 蕗味噌を作ったのですね。作り方は人それぞれですので、味も作り手によって変わります。
 好みでよいと思います。
 九州にお母さんがおられるのですね。元気な声を聞かせることが出来てよかったですね。
 

投稿: そばがき | 2009年4月 3日 (金) 06時49分

そばがきさん、おはようございます。
実はこの記事がとっても気になって、この記事が出た直後に九州の母に電話してきいてみたら、フキノトウは早くに終わってしまっていて、今頃何をと笑われてしまいました。それでも気になっていたのですが、昨日近くのスーパーで山形産のフキノトウが売ってあって、それが最後の一つだったので、思い切って買ってきました。そして、見よう見まねなんですが、やってみました!何しろ初めてのことなので、この味で正しいのかどうかわからないですが、新たな一歩を踏み出した感じで、自分ではとりあえず満足しています。試食したあと、お蕎麦が食べたくなりました…。
新しいことに挑戦するのって、何だかいいなあと思いました。そばがきさんの記事でこのことを知ることができてよかった。ありがとうございました。

投稿: ねこやしき | 2009年4月 1日 (水) 11時30分

ねこやしきさん
 フキノトウもいよいよ終わりです。
 少し大きくなったフキノトウは例年、蕗味噌にしております。
 春の香りが何時までも楽しめます。

投稿: そばがき | 2009年3月26日 (木) 21時35分

おおお。そばがきさん、これはまた…。ため息が出ます。山の幸。街中に住んでいる人間には決して届かない代物です。ふきのとうは、あの苦味が何とも言えませんなあ…。

投稿: ねこやしき | 2009年3月25日 (水) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦湯の効用 | トップページ | 日立市も定額給付金の案内が »