« 蕎麦湯について 1 | トップページ | 梅も終わりに、次は桜かな »

蕎麦湯について 2

 そば猪口に残った蕎麦汁に蕎麦湯を注ぎゆっくりと飲み干す。蕎麦好きには、なんとも言われぬ至福のときである。

 何時頃からこのように蕎麦湯を飲むようになったのであろうか。

 元禄10年に出版されている本朝食鑑にそば湯の記載があるので、元禄時代ということになる。

 その頃は、現在のように

蕎麦湯の中に、ルチンなどが溶け出しているとついぞ知らなかったろうが、経験上その効用は知っていたのかもしれない。

 蕎麦湯を入れる容器であるが、一般には、湯桶と言われ、角型の塗り物である。当店は陶器を使用している。

 どちらを使うかは、そば屋の好みの問題である。

 さて、蕎麦湯を注ぎ飲むときに、そば汁のよしあしが分かる。そば汁が薄く延ばされてもそば汁の本来の旨みが消えないのが、力のあるしっかりとしたそば汁なのである。

 蕎麦湯を注いで、鮮烈な印象があったそば屋は「島田の藪宮本」である。ここのそば汁は、旨みが消えないどころか、口中に旨みが広がるのである。
 これは驚きと言っていい。

 私もこのそば汁を目指そうと、チャレンジしているが、まだまだである。

 そばは美味しいそばを打つだけでは完成しない。納得できるそば汁が仕上がったときに完成すると心に誓って日々精進している。
にほんブログ村 グルメブログ 和食・日本料理(グルメ)へ にほんブログ村 グルメブログ にほんブログ村 グルメブログ そば(蕎麦)・うどんへ

|

« 蕎麦湯について 1 | トップページ | 梅も終わりに、次は桜かな »

そばを楽しむ」カテゴリの記事

コメント

そば箸さん
 こちらこそお久です。
 お!修行しているなと感心してブログは見ております。
 食べ物を扱うお店は基本が大切と、旦那さん、いい事おっしゃいますね。
 「お店の売りはこれだー!」とばかりが表面に出ておりますが、食を営むお店の基本中の基本は「職人は健康 食材は安心・安全 店は清潔」だとある方に教えられました。
 美味しいものだけが、お店の売りではないのですね。
 そば箸さんのコメントではっとさせられました。
 まずは、健康で頑張ってください。
 
 

投稿: そばがき | 2009年3月12日 (木) 08時52分

お久しぶりです。
辛汁さんのコメントに反応しました。
うちの旦那さんにも湯桶の6分目以上入れたら
こぼれるでしょ?
美味しい料理を作る事より大事な基本だと
かなり厳しく教わっています。
そして湯桶もお皿も欠けたりしても
漆器も陶器も修理して使えばいいんですよねぇ。
見つけたらすぐ修理に出すことになってます。
(修理は旦那さんがやるんですが)
全て料理はハートですよね。

ちなみに私はつゆで飲んだ後、蕎麦湯だけで飲んで味わいま~~す。

投稿: そば箸 | 2009年3月12日 (木) 01時51分

辛汁さん
 ご丁寧な説明で有難うございます。よく分かりました。
 当店は薬味に辛み大根も付けております。山葵より、辛味大根のほうを好む方もおりますが、主な理由は私が好きだからです。
 妻は辛み大根より、山葵を好みます。人の好みは、人それぞれですね。
 

投稿: そばがき | 2009年3月10日 (火) 16時31分

上手く猪口に入れられずに
注ぎ口から伝って 湯桶の本体に
伝わって こぼれるという意味です。
説明不足ですみません。

注ぎ口が欠けていたり 上ふたの
密閉度が低かったり 蕎麦湯を入れすぎたときに起こるようです。
今回は 注ぎ口が欠けていました。
どうしても 注ぎ初めと最後に
伝わってこぼれてしまいます。

(名店でもこんなものかとがっくり)

何度も行っているお店では自分で
アレンジして 蕎麦湯スープとして
頂きます。
大根のついている店も多くないですよ。
また、蕎麦湯の美味しいと
名指しされたお店では 大根は
ついていませんでした。

蕎麦つゆの追加の徳利がついていたり
蕎麦湯を沢山下さると
ついつい飲みすぎて結果 塩分の
とりすぎが心配になります。
大概 2人前は食べるので・・・ 
蕎麦湯の
効能と 蕎麦湯の塩害とを 何時も
考えてしまいます。
美味しすぎるつゆも考え物です。(笑)

濃い別製の蕎麦湯のときは
分離、沈殿を攪拌するマドラーが
ついていると 飲みやすいですね。

何せ 周りのお二人の そばに対する
こだわりが 尋常じゃないので
蕎麦湯だけでも 長く話せる様に
なってしまいました。(o^-^o)

出会うと話すことは途切れないものです。

蕎麦湯について
上手くまとめてくださいませ。

投稿: 辛汁 | 2009年3月10日 (火) 13時24分

辛汁さん お久し振りです。
 夢八さんやそば箸さんとの蕎麦の輪が広がりを見せておりますね。
 さて、蕎麦湯がたれるとは、どのようなことを言っておられるのでしょうか。蕎麦湯が濃いのでしょうか。それとも、湯桶にもんだいが・・・?。
 臭い蕎麦湯となると、問題外です。このような蕎麦湯を出すところはないと思うのですが。
 私流のそばの食べ方を書き進めてまいりましたが、辛汁さんは、最後に蕎麦湯を注ぐとき、辛み大根を入れて飲み干しますか。
 このやり方、私のお気に入りです。
 

投稿: そばがき | 2009年3月10日 (火) 08時23分

美味しい蕎麦湯のお店の湯桶の
蕎麦湯がたれまして ガッツクリきました。

別の店ですが 蕎麦徳利もたれるところなどあって
ご主人は 客にならないので判らないのでしょうか?
花番が気つきそうな・・・

美味しい蕎麦なら 薬味も つゆも無くて大丈夫が 大前提。
蕎麦の味がボケてきたら 薬味が必要で
くさい蕎麦湯なら 葱も必要です。(笑)

定かではありませんが 薬味が残っている客は
蕎麦や 蕎麦屋に満足したことでしょう。

投稿: 辛汁 | 2009年3月10日 (火) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蕎麦湯について 1 | トップページ | 梅も終わりに、次は桜かな »