« 筍 初出荷 | トップページ | 筍の天ぷらが好評 »

初めての味噌作り

 
 妻が友人から頂いた手作り味噌が大変美味しかったので、こんなに美味しいのなら
わが家でも作ってみようかと、自家製味噌を作ることになった。

 まず大豆を手に入れることだ。思いついたのは、日立市入四間町、蕎麦打ちに使う名水を汲みに行く場所である。

 ここには美味しい豆腐を作っている「豆腐工房名水亭なか里」がある。

 この豆腐屋の大豆5キロを手に入れた。

 次に、必要なのは、糀である。糀を手に入れるには、日立市川尻町の「佐野味噌店」で
手に入ると、妻の友人から聞く。

 糀と大豆の量は同量なので、5キロと思ったが、妻が、「最初なので、2キロから、始めましょう。」と言うので、2キロ求めた。

 これが正解。単純に糀2キロと大豆2キロ、塩1キロを使うので、計5キロと考えていたが、作ってみると、約8キロになった。

 味噌を作るには、大豆を茹でなくてはならないのである。Cimg3721

 昨晩、水に浸けたのを圧力釜で約30分茹でる。圧力釜を使わないと4、5時間掛かるらしい。その点、圧力釜は短時間で茹で上がるので便利である。

 茹で上がった大豆を潰す作業がある。結構な手間が掛かる。

 糀と塩とをよく混ぜ合わせておく。潰した大豆に、ゆでた時にでた茹で汁を加えて
適当なやわらかさに延ばす。

 これに、糀と塩の混ぜたのを投入する。そして、よくかき混ぜて、陶器のかめに入れる。Cimg3719

 これを半年以上寝かせると、出来上がるらしい。出来上がるのが待ち遠しい。

 美味しくできて欲しいと願って作業を終えた。

 

|

« 筍 初出荷 | トップページ | 筍の天ぷらが好評 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 筍 初出荷 | トップページ | 筍の天ぷらが好評 »